Microsoft 12.3インチSurface Pro 4 Photoshopによる画像編集製品レビュー。 PC直販最新情報
直販パソコンメーカーの最新機種とキャンペーン情報をご紹介しています。
レノボ新製品レビュー
★レノボモバイルノートPC
New14型ThinkPad X270
x1_carbon

★レノボタブレットPC
10.1型YOGA BOOK
x1_carbon

■旧モデルのレビュー
★レノボ2in1ノートPC
14型ThinkPad X1 Yoga
x1_carbon
★レノボノートPC
14型ThinkPad X1 Carbon
x1_carbon
★レノボ12型タブレットPC
ThinkPad X1 Tablet
& ideapad MIIX 700
製品比較レビュー
mix700
★レノボタブレットPC
12型ideapad MIIX 700
mix700
★レノボタブレットPC
12型ThinkPad X1 Tablet
x1_carbon
★レノボマルチノートPC
11.6型Lenovo Yoga700
x1_carbon
★レノボワークステーション
ThinkStation P300 Tower
x1_carbon
★レノボ4K液晶搭載
ゲーミングノートPC
15.6型Lenovo Y50
x1_carbon
デル製品レビュー
★デル12.5型ノートPC
New Latitude 12 7000
デル12.5型ノートPC
 Latitude 12 7000

★デル17.3型ノートPC
Inspiron 17 5000
デル17.3型ノートPC
New Inspiron 17 5000
HP新製品レビュー
★HP12.5型モバイルノートPC
EliteBook Folio 1020 G1
Special Edition
x1_carbon
★HPスタンダードノートPC
Pavilion 15-ab000 
x1_carbon
周辺機器製品レビュー
★ThinkPad
65W スリム ACアダプターNew

★27型4KIPS対応
新型Dell P2715QモニターNew

★NVIDIA Quadro K2200New
グラフィックスカード 

★NVIDIA Quadro K620
グラフィックスカード 

★ThinkPad アクティブ・バックパック

★23.8型フルHD IPSモニター
新型Dell U2414Hモニター
x1_carbon
ブログ内検索
割引クーポン情報
★最新割引クーポン情報★
<レノボ>
Lenovo Web 広告限定ストア

<パナソニック>
レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

<富士通>
富士通 最新パソコンのお買い得情報はこちら>>>

<東芝>
東芝デジタル商品オンラインショップ Shop1048(Toshiba)

<NEC>
NECパソコンお買い得情報

ブログ全記事表示
プロフィール

adfujita

Author:adfujita
★ブログデザインをリニューアルしました。

>>このブログについて★
>>運営者情報★

Microsoftのタブレット&PC 12.3インチSurface Pro 4を使った画像編集ソフトAdobe Photoshopによる製品レビューです。

今回の製品レビューには、マイクロソフト販売ページに記載の「クリエイティブな作業を可能に」のキャッチコピーを実証する為、実際に画像編集ソフトAdobe Photoshopを使いながら、このレビュー記事の写真画像約50枚程をニコンデジタル一眼レフカメラD7200でスタジオ撮影。

その高解像度画像をSurface Pro 4にインストールしたPhotoshopに取込、編集リサイズしてブログ用データに変換しました。

12.3型本体液晶は(2736 x 1824ドット)PixelSense ディスプレイを搭載。

レビューモデルのプロセッサーには第6世代低電圧版上位のインテルCore i7-6650U プロセッサー(2コア、4スレッド最大動作周波数3.40GHz)を搭載。

メモリは8GBを搭載。

ストレージには超高速の(PCIe NVMe M.2)接続256GBを搭載。

本体液晶は、オプションのタイプカバー(キーボード)はマグネット方式により装着、ノートパソコンとして利用できます。

Surface Pro 4 レビューモデルのスペックです。
インテルCore i7-6650U プロセッサー(2.20GHzから最大ターボブースト時3.40GHz)+ 12.3インチPixelSense ディスプレイ(2736×1824)タッチ対応)+インテルHDグラフィックス540+8GBメモリ +256GB SSD (PCIe NVMe M.2)接続。

HP Spectre x360

Microsoft Surface Pro 4 製品レビュー


製品画像

世界的な画像編集ソフト最新Adobe Photoshop CC版をSurface Pro 4にインストール。
Photoshopは、普段作業に使っているレノボ製ワークステーション「ThinkStation P310 Tower」 と、このSurfaceの2台まで一つのライセンスで同時利用が可能だ。

↓下記画像は、Surface
によるPhotoshopのオープン画面。
すでに編集済のSurface本体の画像一覧が表示されている。
下記画像は、SurfaceによるPhotoshopのオープン画面。

↓一眼レフカメラニコンD7200でのベンチマーク検証用高解像度JPGデータを画像編集ソフトフォトショップ2017年CC版に取り込む。 
搭載ストレージPCIe NVMe256GB接続の超高速256GB SSDとの連携により、下記64Mの画像データ124枚を、一度に開くのに1分43秒と高速でした。

一眼レフカメラニコンD7200でのベンチマーク検証用高解像度JPGデータを画像編集ソフトフォトショップ2017年CC版に取り込む。 

↓Adobe Photoshop CC版の環境設定にてCPU内蔵インテルHDグラフィックス540が選択されている。
インテルHDグラフィックス540は、Photoshopでの各種作業に推奨されているGPUだ。
Adobe Photoshop CC版の環境設定にてCPU内蔵インテルHDグラフィックス540が選択されている。

デジタル一眼レフカメラニコン用のRAW画像データの現像画面。
高級一眼レフカメラには、撮影データを生の状態で保存できるRAW画像方式が選択できる。
Photoshopには主なカメラメーカーのカメラRAW用のプラグインが搭載されているので、RAW画像現像がすぐに行える。

デジタル一眼レフカメラニコン用のRAW画像データの現像画面。

さてここからは、一眼レフカメラニコンD7200で撮影した一枚あたり6.26MB(4496×3000ドット)のJPGデータを取り込み編集する作業になります。
↓ブログ用ですのでカメラ内の解像度を中程度に落としました。
撮影したままのデータを開いた状態。
ブログ用ですのでカメラ内の解像度を中程度に落としました。

Photoshopの切抜き機能により余分な余白をカット。
その後色の明るさやコントラストを最適化する。

Photoshopの切抜き機能により余分な余白をカット。

そのカットデータを指定の解像度W600ピクセルにリサイズする。

そのカットデータを指定の解像度W600ピクセルにリサイズする。

続いて、web用に最適化(約53kb)して保存する。
続いて、web用に最適化(約53kb)して保存する。

↓下記画像は編集終了した画像の一覧。
この一連の作業を、50枚約2時間程で終了。
作業には大量のデータの為、スピード化が必要なのでペンや画面タッチは行わず、マウスとキーボタン操作で行いました。

下記画像は編集終了した画像の一覧。

アドビから発売されている写真整理、編集、現像ソフト Lightroom cc版でも問題なく現像保存できました。
アドビから発売されている写真整理、編集、現像ソフト Lightroom cc版でも問題なく現像保存できました。

60枚のRAW画像データ(64M×60枚)を一度に現像した時間が約3分39秒でした。
60枚のRAW画像データ(64M×60枚)を一度に現像した時間が約3分39秒でした。
画面トップ↑

製品画像

↓ 液晶パネルは12.3インチPixelSense ディスプレイ(2736×1824)タッチ対応)仕様。
縦方向のサイズが通常のフルHDなどより広いので画面が広く利用できる。
※画面は明るくコントラストが高いので、写真編集等に最適だ。

液晶パネルは12.3インチPixelSense ディスプレイ(2736×1824)タッチ対応)仕様。

↓設定されている推奨画面解像度(2736×1824)
縦方向が広い。
設定されている推奨画面解像度(2736×1824)。
↓画面解像度フルHD(1920×1080)にすると縦方向が短くなり画面領域も狭くなる
画面解像度フルHD(1920×1080)にすると縦方向が短くなり画面領域も狭くなる。

↓Surfaceの画面仕様はIPSとは表示されていないが、IPS仕様と同様に広視野角でも斜め方向からもくっきり見えます。
Surfaceの画面仕様はIPSとは表示されていないが、IPS仕様と同様に広視野角でも斜め方向からもくっきり見えます。

↓本体背面の内蔵スタンド利用。
本体背面の内蔵スタンド利用。

↓任意に角度の調整が可能。
任意に角度の調整が可能。

↓最大に寝かせた状態。
最大に寝かせた状態。

↓オプションのキーボードはマグネット方式で本体の下部分に装着される。
キーボードの高さが低い状態。
オプションのキーボードはマグネット方式で本体の下部分に装着される。

↓キーボードの高さを高くした状態。
キーボード先端がジャバラになっており、折り曲げて高く出来る。
キーボードの高さを高くした状態。

↓液晶本体底部のジョイント部分。
中央の小さい丸部分にキーボード側の端子が接続。その両側の長方形の穴にもキーボード側の突起部分がジョイントされる。
液晶本体底部のジョイント部分。

↓中央の小さい丸部分にキーボード側の端子が接続。その両側の長方形の穴にもキーボード側の突起部分がジョイントされる。
中央の小さい丸部分にキーボード側の端子が接続。その両側の長方形の穴にもキーボード側の突起部分がジョイントされる。

↓キーボード側の突起部分。
キーボード側の突起部分。

↓キーボードは液晶部分にかぶせる事でカバーとしても利用できる。
キーボードは液晶部分にかぶせる事でカバーとしても利用できる。

↓本体左部分。左からSurfaceConnect (充電, Surface ドック用端子)、フルサイズ USB 3.0 端子、Mini DisplayPort。
本体左部分。左からSurfaceConnect (充電, Surface ドック用端子)、フルサイズ USB 3.0 端子、Mini DisplayPort。

↓本体右部分。左からヘッドセット ジャック。
本体右部分。左からヘッドセット ジャック。

↓本体上部。右から電源ボタン、音量ボタン。
本体上部。右から電源ボタン、音量ボタン。

↓電源アダプターと特徴的なSurfaceConnect用電源端子 。
電源アダプターと特徴的なSurfaceConnect用電源端子 。

↓本体側面に挿入した状態。
本体側面に挿入した状態。
画面トップ↑
↓電源端子の突起部分を本体に近づけるとマグネットの力で本体コネクタに接続される。
電源端子の突起部分を本体に近づけるとマグネットの力で本体コネクタに接続される

↓背面。
背面。

↓1024段階筆圧感知の専用ペン。
1024段階筆圧感知の専用ペン。

↓液晶本体と専用タイプカバー(キーボード)。重量本体約794g、タイプカバー約349g。
液晶本体と専用タイプカバー(キーボード)。重量本体約794g、タイプカバー約349g。

↓キーボードは調光可能なLEDバックライト対応。
キーボードは調光可能なLEDバックライト対応。

↓キーボードは調光可能なLEDバックライト対応。
キーボードは調光可能なLEDバックライト対応。

↓大型のタッチパッド。
大型のタッチパッド。

★Microsoft Surface Pro 4
Microsoft Surface Pro 4
画面トップ↑

ベンチマーク
ベンチマーク
パフォーマンス スコアインテルの上位モデルCore i7-6650U プロセッサーが7.6と高スコア。
旧世代第6世代低電圧版のモバイル用CPUですが、参考として掲載した2段目の最新の第7世代インテルCore i7-7500U プロセッサーと同じスコアになりました。
※何と総合評価ではこのSurface Pro 4が7.6と上回りました。

パフォーマンス スコアインテルの上位モデルCore i7-6650U プロセッサーが7.6と高スコア。
↓参考としてHP Spectre x360搭載の最新世代第7世代インテルCore i7-7500U プロセッサーが7.6になります。
参考としてHP Spectre x360搭載の最新世代第7世代インテルCore i7-7500U プロセッサーが7.6になります。

↓CrystalDiskMark5でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ256GB SSD)
高速SSD (PCIe NVMe M.2)接続ならではの読み込み1542のハイスコア。
※参考までに一般的なSATA仕様SSDでは平均500番台のスコアになります。

CrystalDiskMark5でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ256GB SSD)

3DMark 11のスコアP1912。
3DMark 11のスコアP1912。

ベンチマークソフトPC Mark 8でのスコア2696。
ベンチマークソフトPC Mark 8でのスコア2696。

画面トップ↑


まとめと購入
Microsoft Surface Pro 4レビュー製品のまとめ

Microsoft Surface Pro 4最大の特徴は、本体液晶とキーボードが簡単に切り離しでき、高い解像度とパワフルなプロセッサー及び高速ストレージを搭載したノートPC&タブレットになります。

世界的な画像編集ソフト最新Adobe Photoshop CC版を使った画像編集でも、デスクトップPCに迫る高性能で50枚のレビュー用画像編集作業が2時間程で行えました。

キーボードを含めて約1.1kgの軽さですので、撮影時に持ち歩いて撮影後その場で編集作業がすぐに行える機動力があります。

※参考までに普段作業に使っているレノボ製デスクトップ型ワークステーション「ThinkStation P310 Tower」で、50枚の同様な編集作業は約1.5時間位になります。

プロセッサーにはモバイル使用に特化した低電圧版の、第6世代インテルCore i7-6650Uプロセッサー(2コア、4スレッド2.20GHzから最大ターボブースト時3.40GHz)を搭載。※第6世代で一般的なインテルCore i7-6500Uプロセッサーより上位の仕様になり、Microsoftの仕様では動作周波数の表示がないですが、デバイスを調べたら動作周波数が2.20GHzから最大ターボブースト時3.40GHzで動くCPUになります。

参考までに最新の第7世代のCore i7-7500U プロセッサーは、最大3.50GHzで動作しますので、Surface搭載のCore i7-6650Uプロセッサーでもそんなに差がありません。

グラフィックスには、CPU内蔵インテルHDグラフィックス540を採用。
ベンチマークに表示の通りになぜか、第7世代のインテルHDグラフィックス620の6.5よりより高い8.0のスコアを記録しました。


メモリは8GBを搭載。

↓ストレージは、高速 (PCIe NVMe M.2)仕様の256GBのSSDを搭載。
こちらもMicrosoftの仕様では詳細がないので、専用ソフトで調べました。
ストレージは、高速 (PCIe NVMe M.2)仕様の256GBのSSDを搭載。

インターフェースは、フルサイズ USB 3.0 端子、Mini DisplayPortを搭載。

Microsoft Surface Pro 4は、レビューの通り高い性能と、タブレットとノートPCのどちらでも本格的に使う事が出来き、画像編集作業も本格的にこなせる
タブレット&ノートPCと感じました。

Microsoft Surface Pro 4レビュー製品の主なスペック

cpu

Windows 10 Pro 64bit

カスタマイズ  
cpu
インテル Core i7-6650U プロセッサー
(2.20GHz-3.40GHz, インテル スマート・キャッシュ 4MB/ インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0)
カスタマイズ
gpu
インテル HD グラフィックス540
カスタマイズ
メモリ
8GB
カスタマイズ
16GB
ストレージ
256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
カスタマイズ
1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
dvdドライブ  
カスタマイズ  
dvdドライブ
12.3インチPixelSense ディスプレイ(2736×1824)
タッチ対応)
カスタマイズ  
販売価格は下記リンクで確認ください。
購入はこちらからSurface Pro 4icon
画面トップ↑
関連記事
2017/05/17 09:00 レビュー TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://webcreation.blog38.fc2.com/tb.php/2266-12eda150
第8世代CPU搭載
■最新インテル第8世代CPU搭載モデル
★13.9型2in1フラグシップノートPC
Lenovo YOGA 920New
★15.6型ノートPC
ideapad 520New

New毎週更新の
★お得なレノボ週末クーポン情報

レノボ週末クーポン情報
製品レビュー

★HP製品レビュー
15.6型HP Pavilion Power 15 製品レビューNew 


13.3型HP Spectre x360 製品レビューNew 


製品レビュー
12.3型Surface Pro 4製品レビュー
 

★ 13.3型HP Spectre 13 製品レビュー 


★レノボ製品レビュー
12.5型ThinkPad X260
製品レビュー 

第7世代CPU搭載パソコン
パワーアップした
インテル第7世代CPU搭載ノートPC

★レノボ★
■ThinkPadシリーズ
12.5型モバイルノートPC
>>ThinkPad X270
13.3型モバイルノートPC
>>ThinkPad 13
14型ウルトラブック
>>ThinkPad X1 Carbon
14型ハイパワーノートPC
>>ThinkPad T470s
14型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E470
15.6型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E570
■タブレットシリーズ
12型2in1タブレットPC
>>ideapad MIIX 720
■ Yogaシリーズ
13.9型2in1ノートPC
>>Lenovo YOGA 910
★HP★
13.3型2in1ノートPC
>>HP Spectre x360
15.6型インテルCore i7搭載
>>HP ENVY 15-as100
★デル★
15.6型インテルCore i7搭載
>>New Inspiron 15 5000
Core i7-7700K搭載ノートPC
デスクトップCPU搭載
クリエイター向けノートPC

★マウスコンピューター★
■DAIVシリーズ
最大動作4.50GHzで動く
i7-7700K+17.3型4K液晶搭載
>>DAIV-NG7610シリーズ
パソコンセキュリテー
シマンテックストア
無料ウイルス対策ソフト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
★Twitterにて最新情報を随時つぶやいています。
TwitterアカウウトPC_fujiフォロー宜しくお願いします。