レノボ12型タブレットideapad MIIX 700の製品レビューPC直販最新情報
直販パソコンメーカーの最新機種とキャンペーン情報をご紹介しています。
4K解像度パソコン環境レビュー
★4K解像度を取り巻く
最新パソコン環境!New
x1_carbon
レノボ新製品レビュー
★レノボタブレットPC
New10.1型YOGA BOOK
x1_carbon
★レノボ2in1ノートPC
14型ThinkPad X1 Yoga
x1_carbon
★レノボノートPC
14型ThinkPad X1 Carbon
x1_carbon
★レノボ12型タブレットPC
ThinkPad X1 Tablet
& ideapad MIIX 700
製品比較レビュー
mix700
★レノボタブレットPC
12型ideapad MIIX 700
mix700
★レノボタブレットPC
12型ThinkPad X1 Tablet
x1_carbon
★レノボマルチノートPC
11.6型Lenovo Yoga700
x1_carbon
★レノボワークステーション
ThinkStation P300 Tower
x1_carbon
★レノボ4K液晶搭載
ゲーミングノートPC
15.6型Lenovo Y50
x1_carbon
デル製品レビュー
★デル12.5型ノートPC
New Latitude 12 7000
デル12.5型ノートPC
 Latitude 12 7000

★デル17.3型ノートPC
Inspiron 17 5000
デル17.3型ノートPC
New Inspiron 17 5000
HP新製品レビュー
★HP12.5型モバイルノートPC
EliteBook Folio 1020 G1
Special Edition
x1_carbon
★HPスタンダードノートPC
Pavilion 15-ab000 
x1_carbon
周辺機器製品レビュー
★ThinkPad
65W スリム ACアダプターNew

★27型4KIPS対応
新型Dell P2715QモニターNew

★NVIDIA Quadro K2200New
グラフィックスカード 

★NVIDIA Quadro K620
グラフィックスカード 

★ThinkPad アクティブ・バックパック

★23.8型フルHD IPSモニター
新型Dell U2414Hモニター
x1_carbon
最新掲載情報
ブログ内検索
割引クーポン情報
★最新割引クーポン情報★
<レノボ>
Lenovo Web 広告限定ストア

<パナソニック>
レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

<富士通>
富士通 最新パソコンのお買い得情報はこちら>>>

<東芝>
東芝デジタル商品オンラインショップ Shop1048(Toshiba)

<NEC>
NECパソコンお買い得情報

ブログ全記事表示
プロフィール

adfujita

Author:adfujita
★ブログデザインをリニューアルしました。

>>このブログについて★
>>運営者情報★

レノボの12型マルチタッチ対応タブレットideapad MIIX 700の製品レビューです。

レビュー後半では、同じ12型タブレットThinkPad X1 Tabletとの比較レビューを掲載しています。

12型本体はフルHD+(2160×1440)IPS10点マルチタッチ対応で、プロセッサーには最新のモバイル用インテルCore m3、m5、(Skylake-Y)を搭載。

ideapad MIIX 700は、液晶本体重量772g、専用キーボードを装着しても1.11kgと軽量になります。
※上記重量数値はレビューで確認した重量です。

ideapad MIIX 700レビューモデルのスペックです。
インテルCore m5-6Y54 プロセッサー(1.10GHzから最大ターボブースト時2.70GHz)
LED バックライト付 12型 フルHD+液晶(2160×1440ドット、1,677 万色)、IPS光沢あり、マルチタッチパネル(10点)
インテルHDグラフィックス515
8GBメモリ(8GB LPDDR3 1600MHz オンボード)
256GB ソリッドステートドライブ SATA。

ThinkPad X1 Tabletとの比較 ■パフォーマンスとベンチマーク ■性能まとめ

ideapad MIIX 700製品レビュー
↓付属の専用キーボード装着で普通の高性能なノートPCとして利用可能。
液晶パネルは12型フルHD+(2160×1440)IPSマルチタッチ10点ゴリラガラス仕様。
液晶パネルが通常の16:9より縦方向が広い3:2になり縦方向の情報量が多くなります。
付属の専用キーボード装着で普通の高性能なノートPCとして利用可能。

↓キーボード装着で軽量薄型ノートPCになります。
キーボード装着で軽量薄型ノートPCになります。

Lenovo Yoga700の製品レビュー

↓タブレット使用時には背面のキックスタンド利用でタッチ操作が楽に行えます。
タブレット使用時には背面のキックスタンド利用でタッチ操作が楽に行えます。

↓12型液晶パネルはIPS仕様で斜め方向からもくっきり見えます。
12型液晶パネルはIPS仕様で斜め方向からもくっきり見えます。

↓背面パネルにセットされたキックスタンド。
背面パネルにセットされたキックスタンド。

↓専用キックスタンドを一番開いた状態。角度は任意に調整可能。
専用キックスタンドを一番開いた状態。角度は任意に調整可能。

↓背面。キックスタンドが本体に収納されフラットな状態。
背面。キックスタンドが本体に収納されフラットな状態。

Lenovo Yoga700の製品レビュー

↓独特な構造のキックスタンド開閉用のヒンジ。
独特な構造のキックスタンド開閉用のヒンジ。

↓キーボード装着で180°開いた状態。
キーボード装着で180°開いた状態。

↓付属の専用キーボード。
付属の専用キーボード。

↓手前の金属端子のある部分がタブレットにマグネットによりドッキングされる。
手前の金属端子のある部分がタブレットにマグネットによりドッキングされる。

↓キーボード部分と先端のドッキング部分との間がジャバラ状になっいて、2本の棒状の部分もマグネット仕様になり、この部分を曲げながらタブレット本体の全面下部分に吸着される。
キーボード部分と先端のドッキング部分との間がジャバラ状になっいて、2本の棒状の部分もマグネット仕様になり、この部分を曲げながらタブレット本体の全面下部分に吸着される。

↓本体前部。厚さ約8mmと薄型。右側に電源スイッチ。
本体前部。厚さ約8mmと薄型。右側に電源スイッチ。

↓本体後部。中央部に キーボードとのジョイント部分
本体後部。中央部に キーボードとのジョイント部分

↓本体左側部。右からセキュリティロックスロット、スピーカー、ボリュームボタン、オーディオコネクター。
本体左側部。右からセキュリティロックスロット、スピーカー、ボリュームボタン、オーディオコネクター。

↓本体右側部。右からMini DisplayPort、スピーカー、USB3.0コネクター、USB-Cコネクター
本体右側部。右からMini DisplayPort、スピーカー、USB3.0コネクター、USB-Cコネクター

↓本体背面左にあるマイクロSDカードスロット。
上のSDマークのある部分。
本体背面左にあるマイクロSDカードスロット。
↓タブレット側底部のジョイント部分。
タブレット側底部のジョイント部分。

↓キーボード側2か所の突起部分が、タブレット底部の穴にはめ込まれる。
キーボード側2か所の突起部分が、タブレット底部の穴にはめ込まれる。

↓ジョイントされた状態。
ジョイントされた状態。

↓タブレット本体背面。下半分がキックスタンド部分で、閉じた状態フラットになる。
タブレット本体背面。下半分がキックスタンド部分で、閉じた状態フラットになる。
画面トップ↑

↓タブレット本体重量772g。(X1 Tabletは743g)
タブレット本体重量772g。(X1 Tabletは743g)

↓専用キーボード重量338g。(X1 Tabletは249g)
専用キーボード重量338g。(X1 Tabletは249g)

↓タブレット+キーボード装着重量1.111kg。(X1 Tabletは992g)
タブレット+キーボード装着重量1.111kg。(X1 Tabletは992g)


ここからは、同じ12型サイズのタブレットThinkPad X1 Tabletとの比較になります。
尚、ベンチマークなどはX1 Tabletとの比較でレビューいたします。

★ThinkPad X1 Tablet
レビューモデルスペック。
インテルCore m5-6Y57 プロセッサー(1.10GHzから最大ターボブースト時2.80GHz)LED バックライト付 12型 フルHD+液晶(2160×1440ドット、1,677 万色)、IPS光沢あり、マルチタッチパネル(10点)+インテルHDグラフィックス515+8GBメモリ(8GB LPDDR3 1866MHz オンボード) +192GB ソリッドステートドライブ SATA。
ここからは、同じ12型サイズのタブレットThinkPad X1 Tabletとの比較になります。■

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
★本体カラーはほぼ同色(写真はライティングの具合でX1 Tabletが明るく映っている)
左MIIX 700、右X1 Tablet
画面トップ↑
↓左MIIX 700、右X1 Tablet 
★液晶画面は広視野角のIPS仕様で斜めからもくっきり認識される。
左MIIX 700、右X1 Tablet 

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
左MIIX 700、右X1 Tablet
↓左X1 Tablet右MIIX 700
左X1 Tablet、右MIIX 700

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
★キックスタンドの構造がMIIX 700は、背面中央を支点に開く。
X1 Tabletは、背面下部分を支点に開く。
左X1 Tablet、右MIIX 700

↓左X1 Tablet、右MIIX 700
★タブレットを少し浮かした状態ですが、安定性は構造的にX1 Tabletが良い。
左X1 Tablet、右MIIX 700

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
左MIIX 700、右X1 Tablet

↓ 上X1 Tablet(厚さ13.65mm)本体左側部。右からセキュリティロックスロット、スピーカー、ボリュームボタン、オーディオコネクター。
下MIIX 700(厚さ14.5mm)本体左側部。右からセキュリティロックスロット、スピーカー、ボリュームボタン、オーディオコネクター。
上X1 Tablet(厚さ13.65mm)本体左側部。右からセキュリティロックスロット、スピーカー、ボリュームボタン、オーディオコネクター。

↓上MIIX 700、下X1 Tablet
上MIIX 700、下X1 Tablet

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
左MIIX 700、右X1 Tablet

↓上X1 Tablet下MIIX 700
上X1 Tablet、下MIIX 700

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
左MIIX 700、右X1 Tablet

↓上X1 Tablet下MIIX 700
上X1 Tablet、下MIIX 700

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
X1 Tabletは、ThinkPadシリーズで好評のトラックポイントやLEDバックライト、押しやすいタッチ機能などを装備して使いやすい。MIIX 700は一般的なキーボードになります。
左MIIX 700、右X1 Tablet

↓左MIIX 700、右X1 Tablet
左MIIX 700、右X1 Tablet

上MIIX 700下X1 Tablet
★タッチパネル部分の大きさが、X1 Tabletの方が大きく独立したボタン等使い勝手は圧倒的に良い。
上MIIX 700、下X1 Tablet

↓左X1 Tablet、右MIIX 700
左X1 Tablet、右MIIX 700

左X1 Tablet、右MIIX 700

↓左MIIX 700、右X1 Tablet(USBType-Cは差込口の上下関係が無く利用できる)
左MIIX 700、右X1 Tablet(USBType-Cは差込口の上下関係が無く利用できる)

★↓MIIX 700搭載パフォーマンススコア インテルCore m5-6Y54プロセッサーが6.5スコア。
最新のモバイル用CPUですが、PCに負荷のかかる場合に定格動作周波数1.1GHzがターボブーストテクノロジー2.0により最大2.70GHzで動作します。

MIIX 700搭載パフォーマンススコア インテルCore m5-6Y54プロセッサーが6.5スコア。

★↓X1 Tablet搭載パフォーマンススコア インテルCore m5-6Y57プロセッサーが7.2と高スコア。
PCに負荷のかかる場合に定格動作周波数1.1GHzがターボブーストテクノロジー2.0により最大2.80GHzで動作します。
※MIIX 700搭載インテルCore m5-6Y54プロセッサーとの最大動作周波数わずか0.1GHzの違いながら大幅にインテルCore m5-6Y57プロセッサーのスコアが高い。

X1 Tablet搭載パフォーマンススコア インテルCore m5-6Y57プロセッサーが7.2と高スコア。

X1 Tablet搭載CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ192GB SSD)
高速SSDならではの読み込み525.2のハイスコア。
※MIIX 700搭載のSSDでもほぼ同様のスコアでした。

X1 Tablet搭載CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ192GB SSD)

3DMark Sky Diverでのスコア1638。
X1 Tabletのスコアは2385でした。
3DMark Sky Diverでのスコア1638。

3DMark 11のスコア666。
X1 Tabletのスコアは1120でした。
3DMark 11のスコア666。

ベンチマークソフトPC Mark 8でのスコア2177。
X1 Tabletのスコアは2149でした。(MIIX 700が若干上回る)
ベンチマークソフトPC Mark 8でのスコア2177。

最新ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアのベンチマークスコア。
結果1280×720標準品質ノートPC スコアが2055普通をマーク。
※X1 Tabletのスコアは3389でした。

最新ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアのベンチマークスコア。
画面トップ↑

最新フォトショップCC版で64MBのjpgデータ124枚を3分40秒で開く事が出来た。
十分趣味のレベルで画像編集が可能。デジタルカメラのRAWデータも現像処理ができました。
※X1 Tabletのスコアは3分48秒。(MIIX 700が若干上回る)

最新フォトショップCC版で64MBのjpgデータ124枚を3分40秒で開く事が出来た。

アドビ映像編集ソフトPremiere Pro CC版でのエンコード作業。
◆450Mの動画データを、H264方式でエンコード時間7分5秒。
さすがにパソコンに負荷のかかる重いデータのエンコード作業は不向きです。
※X1 Tabletのスコアは4分14秒でした。

アドビ映像編集ソフトPremiere Pro CC版でのエンコード作業。

アドビIllustrator CC 2015年版
最新版がリリースされた、Adobe Creative Cloud 2014年版以降から世界的なデザインソフトIllustrator CCで、指定されたGPUの利用によりプレビュー時の高速化が可能になりました。
搭載のCPU内蔵グラフィックスインテル HD グラフィックス 515も該当していました。
※X1 Tablet、MIIX 700共に問題なく動作。

アドビIllustrator CC 2015年版

ThinkPad X1 Tabletの製品レビューはこちらから

ideapad MIIX 700とThinkPad X1 Tabletの比較まとめ

同じ12インチタブレットになりますが、レビューの通りプロセッサーの仕様はX1 Tabletが同じインテルCore m5でも最大動作周波数わずか0.1GHz高いCore m5-6Y57プロセッサーを搭載。 (購入は販売サイトでのカスタマイズ選択で可能になります) パフーマンススコアでは大幅にMIIX 700搭載のCore m5-6Y54プロセッサーより高スコアになりました。

この違いは、3DMarkや最新ファイナルファンタジーXIVのベンチマークスコア、プロ用動画編集ソフトPremiere Pro CC版エンコード時間等に反映されています。

メモリ仕様は、MIIX 700の8.0GB LPDDR3-1600 LPDDR3 1600 MHzに対してX1 Tabletの8GB LPDDR3 1866MHzとX1 Tabletが高速になります。

両タブレットともに本体タブレットは、3:2の比率でフルHD+(2160×1440)IPS10点マルチタッチ対応になります。光沢仕様のタブレット表面のガラスはゴリラガラス製で傷に強い構造になります。

但し、光沢仕様ですので画面の反射が少しきになります。市販のフィルムを貼ってテカリを軽減できます。

液晶画面は明るく、屋外でもある程度くっきり見ることができ、IPS仕様ですので斜め方向からもきれいに認識できます。

画面解像度は約310万画素数の3:2ですので、今の主流である16:9より縦長ですので縦方向の情報量が多くなります。

単体タブレットとしての使い勝手は基本的に両タブレット、ともに変わらない感じがします。

X1 Tabletには専用のペンが付属していますので、ペンによる描写や細かい部分のタッチ操作が可能になります。

更に、ThinkPad X1 Tabletは、モジュールを使い分けて拡張変化する機能(バッテリー増設・3Dカメラ・プロジェクター)が搭載されています。

キーボードに関しては、ThinkPadシリーズで好評のトラックポイントやLEDバックライト、押しやすいタッチ機能などを装備した
X1 Tabletが圧倒的に使いやすいです。MIIX 700に関しては一般的なキーボードになりますが、タッチパッドでのカーソル操作が少しもたつく感じがします。

ここまでideapad MIIX 700とThinkPad X1 Tabletの比較を書きましたが、キーボードを装着してノートPCとして使うには、高性能なThinkPad X1 Tabletの使いやすさと、拡張性や性能の良さが際立ちます。

単体のタブレットとしては、使い勝手ほぼ両タブレットともに変わらずですが、但し価格面で見れば最少構成のインテルCore m3-6Y30 プロセッサー搭載でMIIX 700の94,792円に対してX1 Tabletの136,468円と、圧倒的にMIIX 700のコストパフォーマンスに優れた価格が際立つ。(価格はクーポン割引適用後の価格になります)

以上で、ThinkPad X1 Tabletとの比較でideapad MIIX 700のレビューを書きましたが、タブレットとしての使いやすさと、キーボード装着でノートパソコンとして利用でき、10万円を切る価格で購入できる等、ビジネスとプライベートに幅広く使えるコストパフォーマンスに優れた12型タブレットと感じました。

尚、ThinkPad X1 Tabletに関しては製品レビューで詳細を掲載しています。
購入はこちらから
ThinkPad X1 Tablet

ideapad MIIX 700レビュー製品の主なスペック

cpu

Windows 10 Home 64bit

カスタマイズ  
cpu
インテル Core m5-6Y54 プロセッサー
1.10GHz (ターボブースト時 2.70GHz))
カスタマイズ
gpu
インテル HD グラフィックス515
カスタマイズ
メモリ
8.0GB LPDDR3-1600 LPDDR3 1600 MHz
カスタマイズ  
ストレージ
256GB SSD (SATA3)
カスタマイズ  
dvdドライブ
カスタマイズ  
dvdドライブ
LED バックライト付 12型 FHD+IPS液晶(2160×1440ドット、1,677 万色)、光沢あり、マルチタッチパネル(10点)
カスタマイズ  

購入はこちらからideapad MIIX 700
関連記事
2016/06/01 15:00 レビュー TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://webcreation.blog38.fc2.com/tb.php/2179-8d015bdd
お買い得情報

New毎週更新の
★お得なレノボ週末クーポン情報

レノボ週末クーポン情報
■HP製品のお買い得情報
★プレミアムノートPCが
期間限定最大2万2千円OFF!
HP Spectre x360 icon
製品レビュー
★HP製品レビュー
13.3型HP Spectre x360 製品レビューNew 


製品レビュー
12.3型Surface Pro 4製品レビューNew
 

★ 13.3型HP Spectre 13 製品レビュー 


★レノボ製品レビュー
12.5型ThinkPad X260
製品レビュー 

第7世代CPU搭載パソコン
パワーアップした
インテル第7世代CPU搭載ノートPC

★レノボ★
■ThinkPadシリーズ
12.5型モバイルノートPC
>>ThinkPad X270
13.3型モバイルノートPC
>>ThinkPad 13
14型ウルトラブック
>>ThinkPad X1 Carbon
14型ハイパワーノートPC
>>ThinkPad T470s
14型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E470
15.6型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E570
■タブレットシリーズ
12型2in1タブレットPC
>>ideapad MIIX 720
■ Yogaシリーズ
13.9型2in1ノートPC
>>Lenovo YOGA 910
★HP★
13.3型2in1ノートPC
>>HP Spectre x360
15.6型インテルCore i7搭載
>>HP ENVY 15-as100
★デル★
15.6型インテルCore i7搭載
>>New Inspiron 15 5000
Core i7-7700K搭載ノートPC
デスクトップCPU搭載
クリエイター向けノートPC

★マウスコンピューター★
■DAIVシリーズ
最大動作4.50GHzで動く
i7-7700K+17.3型4K液晶搭載
>>DAIV-NG7610シリーズ
パソコンセキュリテー
シマンテックストア
無料ウイルス対策ソフト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
★Twitterにて最新情報を随時つぶやいています。
TwitterアカウウトPC_fujiフォロー宜しくお願いします。