最新世代ThinkPad X1 Carbon VS ThinkPad E450の製品比較。PC直販最新情報
直販パソコンメーカーの最新機種とキャンペーン情報をご紹介しています。
レノボ新製品レビュー
★レノボモバイルノートPC
New14型ThinkPad X270
x1_carbon

★レノボタブレットPC
10.1型YOGA BOOK
x1_carbon

■旧モデルのレビュー
★レノボ2in1ノートPC
14型ThinkPad X1 Yoga
x1_carbon
★レノボノートPC
14型ThinkPad X1 Carbon
x1_carbon
★レノボ12型タブレットPC
ThinkPad X1 Tablet
& ideapad MIIX 700
製品比較レビュー
mix700
★レノボタブレットPC
12型ideapad MIIX 700
mix700
★レノボタブレットPC
12型ThinkPad X1 Tablet
x1_carbon
★レノボマルチノートPC
11.6型Lenovo Yoga700
x1_carbon
★レノボワークステーション
ThinkStation P300 Tower
x1_carbon
★レノボ4K液晶搭載
ゲーミングノートPC
15.6型Lenovo Y50
x1_carbon
デル製品レビュー
★デル12.5型ノートPC
New Latitude 12 7000
デル12.5型ノートPC
 Latitude 12 7000

★デル17.3型ノートPC
Inspiron 17 5000
デル17.3型ノートPC
New Inspiron 17 5000
HP新製品レビュー
★HP12.5型モバイルノートPC
EliteBook Folio 1020 G1
Special Edition
x1_carbon
★HPスタンダードノートPC
Pavilion 15-ab000 
x1_carbon
周辺機器製品レビュー
★ThinkPad
65W スリム ACアダプターNew

★27型4KIPS対応
新型Dell P2715QモニターNew

★NVIDIA Quadro K2200New
グラフィックスカード 

★NVIDIA Quadro K620
グラフィックスカード 

★ThinkPad アクティブ・バックパック

★23.8型フルHD IPSモニター
新型Dell U2414Hモニター
x1_carbon
最新掲載情報
ブログ内検索
割引クーポン情報
★最新割引クーポン情報★
<レノボ>
Lenovo Web 広告限定ストア

<パナソニック>
レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

<富士通>
富士通 最新パソコンのお買い得情報はこちら>>>

<東芝>
東芝デジタル商品オンラインショップ Shop1048(Toshiba)

<NEC>
NECパソコンお買い得情報

ブログ全記事表示
プロフィール

adfujita

Author:adfujita
★ブログデザインをリニューアルしました。

>>このブログについて★
>>運営者情報★

レノボThinkPadシリーズ最も薄型軽量の14型最新世代ThinkPad X1 Carbonハイスペックモデルと14型スタンダードノートPC ThinkPad E450を最高性能にカスタマイズしたモデルの製品比較です。

まとめ  ■ ベンチマーク 

ThinkPad X1 Carbonは、優れた堅牢性のカーボン繊維素材採用により最厚部17.7ミリ、最少構成重量1.26kgを実現したThinkPadシリーズ最も軽いノートPC。一方ThinkPad E450は、低価格でコストパフォーマンスに優れたノートPCになります。

今回の両モデルの主なスペックです。

ThinkPad X1 Carbon最高性能モデル
14型高解像度WQHD(2560×1440ドット)IPS液晶
インテル Core i7-5600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)
8GBメモリ
インテル HD グラフィックス 5500
512GB ソリッドステートドライブ (PCIe)
指紋認証
参考標準価格298,080円(9月6日価格)
X1 Carbonの詳細構成と価格はこちらから

ThinkPad E450最高性能モデル
14型フルHD(1920×1080ドット)液晶
インテル Core i7-5500U プロセッサー (2.40GHz, 4MB)
8GBメモリ
★AMD Radeon R7M260グラフィックス (2GB)「カスタマイズ選択」
128GB ソリッドステートドライブ
指紋認証
参考標準価格122,040円(9月6日価格)

上記スペックの通りX1 Carbonの優位性は変わりませんが、ただ一つE450がX1 Carbonに勝る部分はAMD製専用グラフィックス搭載によるGPU性能になります。
E450シリーズの詳細構成と価格はこちらから

最新世代ThinkPad X1 Carbon VS ThinkPad E450★
ThinkPad X1 Carbon VS ThinkPad E450

↓ThinkPad X1 Carbon
超高解像度14.0型 WQHD IPS液晶 (2560x1440)液晶パネルは、広視野角と色の再現性も良い。
ThinkPad X1 Carbon★ <br />超高解像度14.0型 WQHD IPS液晶 (2560x1440)液晶パネルは、広視野角と色の再現性も良い。

↓デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。
X1 CarbonとデルP2715Qモニター(10ビット対応で色再現に優れたモニター)の比較でもご覧の通りX1 Carbon(下)は同程度に色再現されています。
デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。<br />X1 CarbonとデルP2715Qモニター(10ビット対応で色再現に優れたモニター)の比較でもご覧の通りX1 Carbon(下)は同程度に色再現されています。

↓ThinkPad E450★
カスタマイズ選択可能な高解像度フルHD(1920×1080)液晶パネルは、IPS対応ではなく色の再現性もX1 Carbonと比べると劣りますが日々のパソコン作業には問題なく使用できます。画面はWindows 10にアップグレードしたスタート画面。
ThinkPad E450★<br />カスタマイズ選択可能な高解像度フルHD(1920×1080)液晶パネルは、IPS対応ではなく色の再現性もX1 Carbonと比べると劣りますが日々のパソコン作業には問題なく使用できます。画面はWindows 10にアップグレードしたスタート画面。

↓デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。
アドビイラストレーターで作図したカラーチップの色再現で、E450(下)は赤系統の色再現が悪い。
やはりIPSモニターのX1 Carbonと、スタンダード仕様のE450では色再現の差は歴然としている。
デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。<br />アドビイラストレーターで作図したカラーチップの色再現で、E450(下)は赤系統の色再現が悪い。<br />やはりIPSモニターのX1 Carbonと、スタンダード仕様のE450では色再現の差は歴然としている。

※但し、外部モニター接続であれば高解像度仕様のモニター利用で綺麗に色再現された。
★デルP2715QモニターとThinkPad E450の接続。
但し、外部モニター接続であれば高解像度仕様のモニター利用で綺麗に色再現された。<br />★デルP2715QモニターとThinkPad E450の接続。

↓E450=幅339mm奥行239mm
  X1 Carbon=幅331mm奥行226.5mm
X1 Carbonが幅8ミリ、奥行12.5mmE450より小さい。
左 E450                                                 右 X1 Carbon
E450=幅339mm奥行239mm<br />X1 Carbon=幅331mm奥行226.5mm<br />X1 Carbonが幅8ミリ、奥行12.5mmE450より小さい。<br />左 E450 右 X1 Carbon

↓左 E450                                                 右 X1 Carbon
キーボードやタッチパッド部分はほぼ同じ大きさで、キーストロークも同じです。
左 E450 右 X1 Carbon<br />キーボードやタッチパッド部分はほぼ同じ大きさで、キーストロークも同じです。
左 E450                                              右 X1 Carbon
本体天板比較。

左 E450 右 X1 Carbon<br />本体天板比較。
左 E450                                             右 X1 Carbon
本体厚さ比較。
E450は最厚24.4mmに対してX1 Carbonは最厚17.72mmとX1が圧倒的に薄くなります。
E450はそれでも内蔵DVDドライブ非搭載により前モデルより薄くなりました。

本体厚さ比較。<br />E450は最厚24.4mmに対してX1 Carbonは最厚17.72mmとX1が圧倒的に薄くなります。<br />E450はそれでも内蔵DVDドライブ非搭載により前モデルより薄くなりました。
下 E450        上 X1 Carbon
下 E450 上 X1 Carbon

E450 14型スタンダードモデルでも186.4kgと軽量。 
E450 14型スタンダードモデルでも186.4kgと軽量。

X1 Carbon 14型サイズで1.3kgを切る世界最薄の軽量モデル。 
X1 Carbon 14型サイズで1.3kgを切る世界最薄の軽量モデル。 


E450 CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ128GB SSD)
高速SSDならではの読み込み515のハイスコア。
※参考までにHDDでは平均100番台のスコアになります。
E450 CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ128GB SSD)<br />高速SSDならではの読み込み515のハイスコア。<br />※参考までにHDDでは平均100番台のスコアになります。

X1 Carbon ThinkPadシリーズ唯一超高速のPCIe2.0 x4接続(レノボ公表 前X1 Carbon より80%の高速化)512GB SSDのCrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ512GB SSD)
シーケンシャル (Sequential) リード/ライトのスコアですがReadが1571と超高速のスコアにより、E450の約3倍高速仕様。
X1 Carbon ThinkPadシリーズ唯一超高速のPCIe2.0 x4接続(レノボ公表 前X1 Carbon より80%の高速化)512GB SSDのCrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ512GB SSD)<br />シーケンシャル (Sequential) リード/ライトのスコアですがReadが1571と超高速のスコアにより、E450の約3倍高速仕様。

↓PCゲームの最新ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークスコア。
結果1280×720高品質ノートPC スコアが3119やや快適をマーク。
専用グラフィックスの能力を発揮。
PCゲームの最新ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークスコア。<br />結果1280×720高品質ノートPC スコアが3119やや快適をマーク。<br />専用グラフィックスの能力を発揮。

↓同じくX1 Carbonでのスコア2131普通をマーク。
E450より約988劣る。
やはりCPU内蔵インテル HD グラフィックス 5500と比べると専用グラフィックスAMD Radeon R7M260の能力が大幅に勝る。

同じくX1 Carbonでのスコア2131普通をマーク。<br />E450より約988劣る。<br />やはりCPU内蔵インテル HD グラフィックス 5500と比べると専用グラフィックスAMD Radeon R7M260の能力が大幅に勝る。
ビジネスノートのThinkPadシリーズでゲームは普通行わないと思いますが、このGPUの能力はビジネスでの映像表現に大きな力になります。

E450での3DMark11 FireStrikeのスコア2005。
E450での3DMark11 FireStrikeのスコア2005。

X1 Carbonでの3DMark11 FireStrikeのスコア1131。
同じく3DMark11でもE450より約874劣る
X1 Carbonでの3DMark11 FireStrikeのスコア1131。<br />同じく3DMark11でもE450より約874劣る

↑ページトップ

★まとめ
レノボを代表する高性能ノートPC ThinkPad X1 Carbonと、スタンダードノートの人気モデルThinkPad E450の最高性能モデルの比較をレビューしました。

ThinkPad X1 Carbonは、本体にカーボン素材を採用して1.3kgの軽量を実現したウルトラブックで、ThinkPadシリーズ唯一の超高速規格M2仕様のSSDを搭載。
ベンチマークの通り、シーケンシャル (Sequential) リードのスコア1571を記録。この数値は通常のSSD 500番台の約3倍の高速仕様になります。

方や、ThinkPad E450を128GB SSDにカスタマイズしたスコア515.3は一般的なSSDのスコアになります。

OS起動時間
ThinkPad X1 Carbon(PCIeM2) =8秒
ThinkPad E450=9秒となり体感的にはほとんど差が感じられませんでした。
E450はOSをWindows 10にアップグレードしました。

負荷のかかる画像編集ソフトアドビフォトショップでは、
ThinkPad X1 Carbon(PCIeM2) =6秒
ThinkPad E450=9秒となり若干の差がでました。

液晶パネル
ThinkPad E450は液晶パネルに高解像度のワイドフルHD(1920×1080ドット)仕様をカスタマイズ選択しました。
広視野角のIPS仕様ではないですが、斜め方向からも見ることが可能でした。
但しレビュー記事の通り、色の再現性は悪くデザイン作業には向いていないと思いますが、 日々のオフィス作業などには問題なく使える液晶パネル仕様になります。
※デザイン作業など色の再現性を重視するには、外付けモニター利用をおすすめします。

方や、ThinkPad X1 Carbonは超高解像度WQHD(2560×1440ドット)IPS液晶仕様で、レビュー通りに色の再現性が高くビジネスからデザイン作業等にも幅広く対応できる高性能な液晶パネル仕様になります。

プロセッサー
E450にはシリーズ最上位の新型第5世代インテルCore i7-5500Uプロセッサー(2コア、4スレッド)を搭載。
動作周波数最大3GHzの高速プロセッサー仕様。

ThinkPad X1 Carbonは、インテル第5世代最速の新型第5世代インテルCore i7-5600Uプロセッサー(2コア、4スレッド)を搭載。
動作周波数最大3.2GHzの高速プロセッサー仕様。

両モデルともに高速仕様で、体感的には差はありません。

グラフィックス
ThinkPad E450には専用グラフィックスのAMD Radeon R7M260グラフィックス (2GB)を搭載。
ベンチマークのレポート通りに、CPU内蔵インテルHDグラフィックス5500をスコアで大きく引き離しました。
※製品レビューで、デザインや画像編集のレポートを掲載していますので参照してください。

ThinkPad X1 Carbonは標準第5世代インテルCPU内蔵インテルHDグラフィックス5500を搭載。
HDグラフィックス5500は、前世代インテルHDグラフィックス4400より大幅に性能アップしましたが、レビューの通りE450搭載のAMD Radeon R7M260グラフィックス (2GB)に大きく差をつけられました。

今回レビューした両モデルですが、最後に価格的には、標準価格ThinkPad X1 Carbonが約29万円に対してThinkPad E450が12万円台とE450が半額以下の価格で購入できることになりますが、スタンダードノートPC ThinkPadE450の高いコストパフォーマンスが実証できました。
※両モデル共に、webクーポン利用で標準価格から割引になります。

◆購入はこちらからThinkPad X1 Carbon
◆購入はこちらからThinkPad E450
◆お得なEクーポンはこちらからLenovo Web 広告限定ストア
↑ページトップ
関連記事
2015/09/06 21:30 製品比較 TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

第8世代CPU搭載
■最新インテル第8世代CPU搭載モデル
★13.9型2in1フラグシップノートPC
Lenovo YOGA 920New
★15.6型ノートPC
ideapad 520New

New毎週更新の
★お得なレノボ週末クーポン情報

レノボ週末クーポン情報
製品レビュー

★HP製品レビュー
15.6型HP Pavilion Power 15 製品レビューNew 


13.3型HP Spectre x360 製品レビューNew 


製品レビュー
12.3型Surface Pro 4製品レビュー
 

★ 13.3型HP Spectre 13 製品レビュー 


★レノボ製品レビュー
12.5型ThinkPad X260
製品レビュー 

第7世代CPU搭載パソコン
パワーアップした
インテル第7世代CPU搭載ノートPC

★レノボ★
■ThinkPadシリーズ
12.5型モバイルノートPC
>>ThinkPad X270
13.3型モバイルノートPC
>>ThinkPad 13
14型ウルトラブック
>>ThinkPad X1 Carbon
14型ハイパワーノートPC
>>ThinkPad T470s
14型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E470
15.6型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E570
■タブレットシリーズ
12型2in1タブレットPC
>>ideapad MIIX 720
■ Yogaシリーズ
13.9型2in1ノートPC
>>Lenovo YOGA 910
★HP★
13.3型2in1ノートPC
>>HP Spectre x360
15.6型インテルCore i7搭載
>>HP ENVY 15-as100
★デル★
15.6型インテルCore i7搭載
>>New Inspiron 15 5000
Core i7-7700K搭載ノートPC
デスクトップCPU搭載
クリエイター向けノートPC

★マウスコンピューター★
■DAIVシリーズ
最大動作4.50GHzで動く
i7-7700K+17.3型4K液晶搭載
>>DAIV-NG7610シリーズ
パソコンセキュリテー
シマンテックストア
無料ウイルス対策ソフト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
★Twitterにて最新情報を随時つぶやいています。
TwitterアカウウトPC_fujiフォロー宜しくお願いします。