HP ENVY Phoenix 810-290jp/CTゲーミングPC 製品レビューPC直販最新情報
直販パソコンメーカーの最新機種とキャンペーン情報をご紹介しています。
4K解像度パソコン環境レビュー
★4K解像度を取り巻く
最新パソコン環境!New
x1_carbon
レノボ新製品レビュー
★レノボタブレットPC
New10.1型YOGA BOOK
x1_carbon
★レノボ2in1ノートPC
14型ThinkPad X1 Yoga
x1_carbon
★レノボノートPC
14型ThinkPad X1 Carbon
x1_carbon
★レノボ12型タブレットPC
ThinkPad X1 Tablet
& ideapad MIIX 700
製品比較レビュー
mix700
★レノボタブレットPC
12型ideapad MIIX 700
mix700
★レノボタブレットPC
12型ThinkPad X1 Tablet
x1_carbon
★レノボマルチノートPC
11.6型Lenovo Yoga700
x1_carbon
★レノボワークステーション
ThinkStation P300 Tower
x1_carbon
★レノボ4K液晶搭載
ゲーミングノートPC
15.6型Lenovo Y50
x1_carbon
デル製品レビュー
★デル12.5型ノートPC
New Latitude 12 7000
デル12.5型ノートPC
 Latitude 12 7000

★デル17.3型ノートPC
Inspiron 17 5000
デル17.3型ノートPC
New Inspiron 17 5000
HP新製品レビュー
★HP12.5型モバイルノートPC
EliteBook Folio 1020 G1
Special Edition
x1_carbon
★HPスタンダードノートPC
Pavilion 15-ab000 
x1_carbon
周辺機器製品レビュー
★ThinkPad
65W スリム ACアダプターNew

★27型4KIPS対応
新型Dell P2715QモニターNew

★NVIDIA Quadro K2200New
グラフィックスカード 

★NVIDIA Quadro K620
グラフィックスカード 

★ThinkPad アクティブ・バックパック

★23.8型フルHD IPSモニター
新型Dell U2414Hモニター
x1_carbon
最新掲載情報
ブログ内検索
割引クーポン情報
★最新割引クーポン情報★
<レノボ>
Lenovo Web 広告限定ストア

<パナソニック>
レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

<富士通>
富士通 最新パソコンのお買い得情報はこちら>>>

<東芝>
東芝デジタル商品オンラインショップ Shop1048(Toshiba)

<NEC>
NECパソコンお買い得情報

ブログ全記事表示
プロフィール

adfujita

Author:adfujita
★ブログデザインをリニューアルしました。

>>このブログについて★
>>運営者情報★

HPのデスクトップPC最上位 フラグシップゲーミングPC HP ENVY Phoenix 810-290jp/CTの製品レビューです。

プロセッサーにIvyBridge-Eシリーズ最上位インテル Core i7-4960X プロセッサー エクストリームエディション(6コア+12スレッド)と、最新高性能グラフィックスNVIDIA GeForce GTX770 2GBを採用したゲーミングPCです。

この製品レビューでは、高性能GPUの定番NVIDIA GeForce GTX770 2GBを採用で、Final Fantasy XIV 新生エオルゼア ベンチマーク最高品質11205非常に快適と、ドラゴンクエストX ベンチマーク最高品質18959すごく快適をマークしました。ゲーミングPCとしては現在発売のゲームにほとんど対応するハイエンド仕様です。

更に、当レビューでは、コンシューマー向け最上位CPU 6コア+12スレッド搭載の、インテル Core i7-4960X プロセッサー エクストリームエディションのマルチコア機能にも着目しました。

ハードウェアベンチマーク ■ゲームベンチマーク ■デザイン、画像、動画、編集ベンチマーク ■まとめと購入

★HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT★

デザインは、HPの伝統的なピアノブラックを基調とした配色で、起動時には赤のLEDイルミネーションが点灯してゲームの臨場感を演出しています。 黒と赤のコントラストが美しいデザインです。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓本体側面。HP独自のマザーボードの設計で通常とは逆の位置にCPUを設置してエアフローに優れた構造。
下部分にCPU用クーラーの赤いLEDライトが点灯。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓本体フロント部分は、電源投入で赤いLEDライトが点灯。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓フロント中ほどの部分は、下方向にスライドしてUSB3.0等の機能が使える。
A=メディアカードリーダー。 B=USB2.0×4.
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT
top
↓本体上部。タワー型本体は通常床に置いて使うのが多いので、手の届きやすい部分に電源ボタンやUSB3.0等があり、
使いやすい構造。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓天面。左より電源ボタン(上部)USB3.0×2、ヘッドフォン出力×1、マイク入力×1
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓本体側面オープンした状態。扉の開閉ははツールがいらない構造で使いやすい。
HP独自のマザーボードの設計で通常とは逆の位置にCPUを設置してエアフローに優れた構造。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓下記写真は旧モデル810-190jpですが、水冷クーラー仕様は同じになります。
下部分にCPU用クーラーの赤いLEDライトが点灯。


↓比較対象としてHP Z400ワークステーションのマザーボード配置。
下記の状態の配置が一般的。(左上部中ほど上に水冷対応CPUクーラーを配置)

↓グラフィックスNVIDIA GeForce GTX770 2GBを搭載。
ほとんどの最新ゲームがこのGPUで対応できる高性能仕様。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓メモリは4スロット最大32GB。CPUを挟んで左側に2スロット、右側に2スロット(交換には、水冷クーラーを外して対応)
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓CPU用クーラー 電源OFF時(メンテナンスレス)。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓CPU用クーラー 電源ON時。扉をオープンした状態で耳を近づけると水冷用の水が流れる音が聞こえる。
扉を閉じれば音は聞こえず、静音が保たれた構造。
下記写真は旧モデル810-190jpですが、水冷クーラーは同じに仕様になります。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓3.5インチベイ。このレビュー用には、上から128GB SSD1基、1TB HDD、1TB HDDが2基搭載されている。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓3.5インチベイは後方に傾斜しているので装着が楽にできる。(ツールレス)
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT
top

↓電源は最大時500Wを搭載(約65W/500W ATX電源)。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓本体背面。最大2台のモニター接続が可能。
A=電源コネクターと電源部分。
B=【15倍W録画対応】地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー (専用リモコン付)。
C=NVIDIA GeForce GTX 770 2GB (GDDR5)、デュアルリンク DVI-I端子×2、、DisplayPort×1、HDMI出力端子×1。
D=リアスピーカー出力×1、サイドスピーカー出力×1、センターサブウーファー出力×1、ライン出力×1、ライン入力×1、マイク入力×1、デジタル音声出力端子 (光)×1。
E=USB3.0×2、USB2.0×4、10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション。
F=水冷CPUクーラーファン。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓ワイヤレス日本語(109A)キーボード (Windows 8 ショートカットキー付) & ワイヤレス光学スクロールマウスキーボードとマウス。通信範囲は、8畳の部屋でも可能でした。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓オプションで選択可能ワイヤレストラックパッド。


↓本体ケースの温度。
室温28℃の部屋で赤外線反射式温度計で計測しました。
最大温度39℃は、動画エンコード時のターボブースト2.0可動時の計測値。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

◆ハードウェアベンチマーク◆
↓WIN SCORE SHARE
インテル Core i7 -4960X(6コア+12スレッド) プロセッサーとメモリが8.7と高いスコア。
他のスコアも8以上の高スコア。
(Windows 8まで表示されていた、システムのパフォーマンスを比較するための指標とし利用できるスコアが、コンピューターのプロパティ画面から削除された。  ただし、コマンドラインツール「WinSAT.exe」そのものはWindows 8.1でも存在しており可能。本ソフト利用で、この「WinSAT.exe」を利用した“Windows エクスペリエンス インデックス”の結果をGUIで表示可能になります。)
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ128GB SSD)
高速SSDのスコアが440.5と高い数値。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Fドライブ1TB HDD)
HDDのスコア168.7は平均的なスコア。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT
top
↓3DMark 11 Performance(1280×720) 9973の高いスコア。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT


◆ゲームソフトベンチマーク◆
↓Final Fantasy XIV 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編のベンチマークスコア。
最高品質(1280×1080)11205非常に快適をマーク。
このソフトでの高いスコアは、他のゲームソフトでも快適な動作が期待できます。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓ドラゴンクエストX ベンチマーク 1280×720最高品質18959すごく快適
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

◆アドビ製品デザイン、画像、動画、編集ベンチマーク◆
↓一眼レフカメラニコンD7100での高解像度JPGデータ(1コマ68M)124コマを1分46秒でフォトショップCC版に取り込めました。


↓PCに負荷のかかるアドビフォトショップCC版とPremiere Pro CC版 を同時立ち上げての制作も6コアCPUにより快適に動作しました。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓アドビ映像編集ソフトPremiere Pro CC版でのエンコード作業。
440Mの動画データを、H264方式でのエンコード時間50秒と驚異的なスピード。
最大12スレッドのマルチタスク機能が発揮されました。
※比較対象としてHP製ワークステーションZ400(インテルXeon W3520 2.67GHz 4コア+8スレッド+NVIDIA Quadro K600)12GBメモリ搭載で1分50秒。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓アドビIllustrator CC 2014年リリース版
最新版がリリースされた、Adobe Creative Cloud 2014年版の世界的なデザインソフトIllustrator CCで、指定されたGPUの利用によりプレビュー時の高速化が可能になりました。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓Illustrator CC版で背景画像等に高解像度、大容量の画像(349MB)をリンク配置してデザイン。プレビュー時に拡大、縮小が高速に該当するビデオカード(NVIDIA GeForce GTX770 2GB)搭載時にスムースに機能できました。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓Illustrator CC版での環境設定画面。NVIDIA GeForce GTX770が選択されています。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

◆ここからはCPU Core i7-4960Xの6コア+12スレッドでの動作を検証◆
↓Final Fantasy XIV 新生エオルゼア ベンチマークソフトでのCPU動作状況。
12スレッドの中で、3番、4番、7番、8番、11番の5スレッドが主に動作。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓ドラゴンクエストX ベンチマークソフトでのCPU動作状況。
12スレッドの中で、0番、2番、10番の3スレッドが主に動作。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓アドビフォトショップCC版での画像取り込みCPU動作状況。
12スレッドの中で、0番、11番の2スレッドが主に動作。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT

↓アドビPremiere Pro CC版での動画エンコードCPU動作状況。
12スレッド全てが動作。※画像クリックで拡大表示。
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT
top
◆まとめ◆
HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT を一言でいえば、HPコンシューマー向けデスクトップPC 最高性能を採用したフラグシップゲーミングPCです。

本体筐体は、LEDレッドイルミネーションが輝き、ゲームの臨場感が演出されます。
筐体の大きさはミニタワーを採用。CPUに負荷のかかる場合も水冷クーラーを搭載して効率よく熱を抑えます。

レビュー用プロセッサーにはIvyBridge-Eシリーズの最上位、インテル Core i7-4960X プロセッサー エクストリームエディション(6コア+12スレッド)を搭載。 PCに負荷のかかる場合にターボブーストテクノロジー2.0により最大動作周波数4.00GHzの高速で動作。

但し、6コア+12スレッドを最大限生かすには、ゲームソフトが対応する必要があり、レビューしたゲームソフト(Final Fantasy XIV 新生エオルゼアとドラゴンクエストX)では、CPUの動作が12スレッド中、主に3から5スレッドが動作するだけと生かしきれていません。高額なCore i7-4960Xより、価格とのバランスを考慮するなら下位モデル東京生産カスタムモデル搭載のインテルCore i7-4820K(4コア+8スレッド)にGPUを GTX770 2GBにアップグレードした構成をおすすめします。

一方、この6コア+12スレッドを最大限利用した440Mの動画データ エンコードにおいては、12スレッドすべてが動作したH264方式でのエンコード時間50秒と驚異的なスピードを記録しました。

※過去にレビューした同じデータのエンコード時間です。
1.HPワークステーションZ400(インテルXeon W3520 2.67GHz 4コア+8スレッド+NVIDIA Quadro K600グラフィックス)12GBメモリ搭載で1分57秒。
2.レノボモバイルワークステーションThinkPad W540(インテルCore i7-4800MQプロセッサー (2.70GHz 4コア+8スレッド+NVIDIA Quadro K2100M グラフィックス 2GB)16GBメモリ搭載で3分11秒。

ケース本体の温度も、CPU用水冷クーラー標準搭載で、CPUに一番負荷のかかる動画エンコード時でも最大39℃に抑えられています。

グラフィックスには専用ビデオカードの高性能仕様の定番的なNVIDIA GeForce GTX770 2GBを採用。
CUDAコア1536基にDirectX11.2とOpenGL4.3等に対応。
Final Fantasy XIV 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編のベンチマークスコアは、
最高品質11205非常に快適と、ドラゴンクエストX ベンチマーク最高品質18959すごく快適をマーク。
ゲームプレーが最高品質の設定で楽しめます。

この高性能仕様は、ゲーム以外にもアドビプロソフトの動画編集ソフトPremiere Pro CC版や画像編集ソフトフォトショップCC版でも快適な動作環境で作業ができました。

更に、最新版がリリースされた、Adobe Creative Cloud 2014年版の世界的なデザインソフトIllustrator CCで、指定されたGPUの利用によりプレビュー時の高速化が可能になりました。 Illustratorは2Dのデザインソフトですが、ここ数年高機能化が進み、CPUの能力だけでは素早いプレビューが追い付かない為、今回のリリース版から新たにGPUのパワーを利用したGPUプレビューの試験的な新機能が投入されました。 対象OSは Windowsが対象で、マックOSは非対応になります。

↓Illustrator CC版でのGPUパフォーマンスの対応ビデオカード一覧。
※最新の対応ビデオカードドライバーが必要になります。

今回レビュー用のストレージ構成は、3.5インチベイ3個全てを使い、128GB SSD+1TB HDD×2基搭載のハイスペック仕様になります。Windows 8.1Pro Update のOSを高速128GB SSDにインストールして、データ関係は2基のITB HDDを利用します。

更に2台のHDDにデータを読み書きさせて高速アクセスが出来る【RAID 5】構成も選択できます。
【RAID 5】は、複数のハードドライブをまとめて1台のハードドライブとして使用する(パリティ)方式です。
RAID 0 同様にデータを振り分けて高速処理すると同時に、パリティと呼ばれるコードも同時に各ハードドライブ分散することで、1つのハードドライブが破損しても、残りのデータとパリティを元に破損したデータを算出し復旧できます。

使い勝手が改善された最新OSのWindows 8.1Pro Update を搭載して、Windows 7にあったスタートボタンの復活と、設定により起動後に直接デスクトップ画面の表示ができるようになりゲームソフトや他のアプリケーションのアクセスが早くなりました。

スタート画面の利用には、タッチやジェスチャーができる専用トラックパッド Z6500ワイヤレス トラックパッドがカスタマイズで用意されていますので、同時購入しておきたいオプション部品です。

HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT製品レビューモデルは、HPのコンシューマー向けデスクトップPCでは最強のスペックを搭載したマシンですが、レビューの通りに12スレッドをフルに活用するゲームソフトは現在人気のゲームタイトルでは対応していないと思います。むしろ12スレッドをフルに活用する動画編集等に使いたいPCにも思います。

HPには、動画編集や3D制作等に特化したワークステーションがありますが、残念ながらGPUがゲームに対応できず、その点このNVIDIA GeForce シリーズのGPUでは、ゲームと動画編集の両方ができますので、普段ゲームをやらない人にもおすすめのハイスペックPCになります。

最後に現在標準構成でのラインアップです。
1.東京生産カスタマイズモデル=インテル Core i7 -4830K プロセッサー+NVIDIA GeForce GTX760 1.5GB
2.東京生産 Watch Dogs推奨パソコン=インテル Core i7 -4930K プロセッサー+NVIDIA GeForce GTX760 1.5GB
3.東京生産ゲーマーズモデル=インテル Core i7 -4930K プロセッサー+NVIDIA GeForce GTX770 2GB
※カスタマイズには、東京生産カスタマイズモデルを基準におすすめします。

★HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT製品レビュースペック★
Windows 8.1 Pro Update (64bit)
インテル Core i7-4960X プロセッサー エクストリーム エディション
(3.60GHz-4.00GHz, インテルスマート・キャッシュ15MB, 6コア/12スレッド) /ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
水冷CPUクーラー (レッド・イルミネーション付)
NVIDIA GeForce GTX770 2GB
16GBメモリ
128GB SSD+1TB HDD×2基
IEEE 802.11ac (Draft) 無線LAN
DVDスーパーマルチドライブ
インテル X79 Express チップセット
【15倍W録画対応】地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー (専用リモコン付)
1年間引き取り修理サービス、パーツ保証、1年間無償電話サポート

◆レビュー製品価格361,584円東京生産カスタマイズモデルからのカスタマイズ構成
◆購入と詳細はこちらから→HP ENVY Phoenix 810-290jp/CT 東京生産カスタムモデル icon
top


関連記事
2014/08/19 09:30 レビュー TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

お買い得情報

New毎週更新の
★お得なレノボ週末クーポン情報

レノボ週末クーポン情報
■HP製品のお買い得情報
★プレミアムノートPCが
期間限定最大2万2千円OFF!
HP Spectre x360 icon
製品レビュー
★HP製品レビュー
13.3型HP Spectre x360 製品レビューNew 


製品レビュー
12.3型Surface Pro 4製品レビューNew
 

★ 13.3型HP Spectre 13 製品レビュー 


★レノボ製品レビュー
12.5型ThinkPad X260
製品レビュー 

第7世代CPU搭載パソコン
パワーアップした
インテル第7世代CPU搭載ノートPC

★レノボ★
■ThinkPadシリーズ
12.5型モバイルノートPC
>>ThinkPad X270
13.3型モバイルノートPC
>>ThinkPad 13
14型ウルトラブック
>>ThinkPad X1 Carbon
14型ハイパワーノートPC
>>ThinkPad T470s
14型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E470
15.6型スタンダードノートPC
>>ThinkPad E570
■タブレットシリーズ
12型2in1タブレットPC
>>ideapad MIIX 720
■ Yogaシリーズ
13.9型2in1ノートPC
>>Lenovo YOGA 910
★HP★
13.3型2in1ノートPC
>>HP Spectre x360
15.6型インテルCore i7搭載
>>HP ENVY 15-as100
★デル★
15.6型インテルCore i7搭載
>>New Inspiron 15 5000
Core i7-7700K搭載ノートPC
デスクトップCPU搭載
クリエイター向けノートPC

★マウスコンピューター★
■DAIVシリーズ
最大動作4.50GHzで動く
i7-7700K+17.3型4K液晶搭載
>>DAIV-NG7610シリーズ
パソコンセキュリテー
シマンテックストア
無料ウイルス対策ソフト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
★Twitterにて最新情報を随時つぶやいています。
TwitterアカウウトPC_fujiフォロー宜しくお願いします。