レノボ14型スタイリッシュノートPC ThinkPad E440製品レビューPC直販最新情報
直販パソコンメーカーの最新機種とキャンペーン情報をご紹介しています。
▼新製品レビュー▼
★マウスコンピューター製品レビュー
軽量薄型クリエイター向けノートPC
14型DAIV-NG4300New
マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」シリーズからワークステーションに迫る性能を搭載した17.3型4K液晶搭載のノートPC DAIV-NG7510の製品レビューです。

★レノボモバイルノートPC製品レビュー
13.3型 ThinkPad X390 New
ThinkPad X390製品レビュー

★レノボモバイルノートPC製品レビュー
13.3型 ideapad S530
Lenovo ideapad S530製品レビュー

★レノボクリエーター向けノートPC製品レビュー
15.6型ノートPC ThinkPad X1 Extreme
ThinkPad X1 Extremeレビュー画像

12.5型ThinkPad X280
ideapad 720S

★レノボモバイルノートPC
13.3型 ideapad 720S
ideapad 720S

★レノボモバイルノートPC
13.9型Yoga920
x1_carbon
ブログ全記事表示
最新掲載情報
周辺機器製品レビュー
★Lenovo New
指紋センサー生体認証USBマウス
指紋センサー生体認証USBマウス
★ThinkPad
65W スリム ACアダプター

★27型4KIPS対応
新型Dell P2715Qモニター

★NVIDIA Quadro K2200
グラフィックスカード 

★NVIDIA Quadro K620
グラフィックスカード 

★ThinkPad アクティブ・バックパック

★23.8型フルHD IPSモニター
新型Dell U2414Hモニター
x1_carbon
ブログ内検索
割引クーポン情報
★最新割引クーポン情報★
<レノボ>
Lenovo Web 広告限定ストア

<パナソニック>
レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

<富士通>
富士通 最新パソコンのお買い得情報はこちら>>>

<東芝>
東芝デジタル商品オンラインショップ Shop1048(Toshiba)

<NEC>
NECパソコンお買い得情報

プロフィール

adfujita

Author:adfujita
★ブログデザインをリニューアルしました。

>>このブログについて★
>>運営者情報★

レノボのコストパフオーマンスに優れた14型スタイリッシュノートPC ThinkPad E440の製品紹介レビューです。

まとめ ■ Core i5がCore i7に勝!ベンチマーク

レノボThinkPad E440は、旧モデルThinkPad Edge E430cの後継モデルになり、 更に薄くE430cではカラーがブラック1色だけでしたが、その前の E430で好評でしたヒートウェーブレッドが復活 選択できます。

ThinkPadシリーズでは、最も価格の安いスタンダードタイプのノートPCですが、基本性能と豊富なカスタマイズが選択できる人気のノートPCです。

プロセッサーには、高クロックの標準電圧版 最新第4世代インテル Core i3-4000M プロセッサー 、Core i5-4200M プロセッサー、Core i7-4702MQプロセッサーが選択できます。
New! コストパフォーマンスに優れたインテルCeleronプロセッサー2950M(2コア)搭載モデルが新登場!

グラフィックスは、CPU内蔵インテルHDグラフィックス4600を標準搭載。更にカスタマイズで専用グラフィックスNVIDIA GeForce 710M、NVIDIA GeForce 740Mが選択できます。

後半では、ThinkPadシリーズ高性能12.5型ウルトラブックX240とのベンチマーク比較を掲載しました。
スタンダードモデルのE440が、高性能X240ウルトラブックとの性能差が、どの位あるかの判断材料になります。
※搭載スペックが同一ではないので、あくまでアバウトの比較なる事をご了承ください。

★ThinkPad E440★
e440
★↓14型HD+液晶 (1600 x 900 LED) 液晶画面はIPS対応ではないですが、ある程度斜めから見てもくっきり見えます。
※マルチタッチ対応は後日販売予定です。
e440

★ThinkPad E440製品レビュースペック★
※★印は5段階表示で性能レベルを表示。

cpu
Windows 8 64ビット
カスタ
マイズ
Windows 8 Pro 64ビット
Windows 7 Professional 32ビット
Windows 7 Professional 64ビット
cpu
インテル Core i5-4200M プロセッサー(2コア+4スレッド)★★★
カスタ
マイズ
インテル Core i3-4000M プロセッサー(2コア+4スレッド)★★☆
インテル Core i5-4200M プロセッサー(2コア+4スレッド)★★★
インテル Core i7-4702MQ プロセッサー(4コア+8スレッド)★★★★
gpu
  インテルHDグラフィックス4600★★★
カスタ
マイズ
NVIDIA GeForce 710M グラフィックス(1GB)★★★
NVIDIA GeForce 740M グラフィックス(1GB)★★★
メモリ
4GB
カスタ
マイズ
8GB、16GB
ストレージ
500GB HDD
カスタ
マイズ
320GB、1TB、HDD
128GB SSD 16GB SSD(キャッシュ用)
dvdドライブ
DVDスーパーマルチ・ドライブ
dvdドライブ
14.0型HD液晶 (1366 x 768 LEDバックライト 光沢なし、あり)
14.0型HD+液晶 (1600 x 900 LEDバックライト 光沢なし、あり)

★↓ThinkPad E440★
天板カラーは、濃いグレーのミッドナイトブラック。
e440

↑ページトップ
★↓ThinkPadロゴのiの赤丸がシステム状況インジケーターとして機能。
赤色点灯がオンン(通常モード)、赤色速い点滅がスリープ状態と休止状態移行中、赤色遅い点滅がスリープ状態、オフが休止状態。
e440

★↓キーボードの配列は6列配列で、キーボタンの表示面積が広ろく隣り合うキーとの間隔が多くタイプミスを防ぎます。
e440

★↓大きなタッチパッドは、他の新型モデルと同様なデザイン仕様。
↓新しいOS Windows 8には、キーボード中央にある赤い丸でおなじみのトラックポイントに、大型のガラス製タッチパットの操作デバイスで快適にWindows 8が操作できます。
e440

非常になめらかな指触りのガラス製クリックパッドに5つのボタンを埋め込んだ「5ボタントラックパッド」は、見た目にも美しいデザインを実現。



主なクリックパットの利用方法。
★右端からスワイプで=『スタート』、『設定』、『検 索』、『共有』および『デバイス』 などのシステム・コマンドを含む チャームを表示する。
★左端からのスワイプで=開いているアプリケーションの表示 とアプリケーションの切り替え。
★上端、下端からのスワイプで=『スタート』画面で開いているアプ リケーションをすべて見たり、『コ ピー』、『保存』、『削除』などの アプリケーション・コマンドを表示 する(アプリケーションによって異 なります)
★左右にスライドで=リスト、ページ、写真などの項目を スクロールする。
★2本の指を左右に動かし=ズームイン、ズームアウト。

x240

★↓本体右側面の写真。
左からAlways On USB コネクター、光学式ドライブ、イーサーネット・コネクター、AC電源コネクター、Lenovo OneLink コネクター。
e440
↑ページトップ
★↓本体左側面の写真。 
左からセキュリティースロット、ファン放熱孔(左)、 VGA (Video Graphics Array) コネクター、3.0USB コネクター、HDMI コネクター、コンボ・オーディオ・コネクター。
e440

★↓背面の写真。 
左からファン放熱孔(背面)。
e440

★↓本体前面の写真。 
e440

★↓本体底面の写真。 
e440

★↓本体底面バッテリー。 7.7時間の駆動(6セル)。
e440

★↓小型の電源アダプター。
e440

★↓内蔵DVDドライブ。
e440

★↓スリムな液晶パネル。
e440
↑ページトップ
★↓本体重量カタログでは2,12kgですが1.962kgと軽めです。
e440

★↓パフォーマンス スコア Core i5-4200M プロセッサーが7.2
下記の比較対象X240のCore i7-4600U プロセッサー7.1を上回りました。

E440は標準電圧版搭載で動作周波数が2.50GHzと高く、X240は超低電圧版仕様でCore i7でも動作周波数が2.10GHzと
低く結果Core i5-4200Mのスコアが0.1ポイント上回りました。

e440

★↓X240のパフォーマンス スコア Core i7-4600U プロセッサーが7.1
ThinkPad X240

↓CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ500GB HDD)
e440

★↓アドビ映像編集ソフトPremiere Pro CC版でのエンコード作業。
◆210Mの動画データを、H264方式でのエンコード時間2分33秒。
e440
↑ページトップ
↓最新フォトショップCC版で349MBのTifデータを8秒で開く事が出来た。
性能が旧世代より大幅に向上したCPU内蔵インテルHDグラフィックス4400での画像編集もスムースに行われた。
e440

↓ フォトショップCC版での環境設定。CPU内蔵インテルHDグラフィックス4600が選択されている。
e440

★↓音のチューニングが出来るDOLBY対応ソフト。Dolby Advanced Audio v2。
t430s

↓最新ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアのベンチマークスコア。
結果1280×720標準品質ノートPC スコアが2433普通をマーク。
※標準品質ノートPCは制限がありますが、一応普通にプレーができそうです。
e440

◆ドラゴンクエストX ベンチマーク 1280×720標準品質3501普通をマーク。
e440
↑ページトップ

★↓ThinkPad E440。
e440

◆高性能12.5型ウルトラブック ThinkPad X240との比較◆

E440はスタンダードタイプのノートPCに対して、X240は高性能なウルトラブックになります。

スペックは下記の通り、相当な差がありますが、はたして性能の差がどの位出るのか比較してみました。

X240の製品レビューはこちらから

★14型 ThinkPad E440と12.5型ウルトラブックX240との製品レビュースペック比較。

製品名
CPU
GPU
メモリ
ハードディスク
 ThinkPad
 E440
 インテル Core i5-4200M プロセッサー (2.50GHz, 3MB, 1600MHz)   Intel HD  Graphic 4600
 (CPU内蔵)
 4GB  500GB  HDD
  横幅 343mm× 奥行 230mm×高さ 21.6mm  重量 1.8kg
 バッテリー可動時間 6.1時間
 ThinkPad
 X240
インテル Core i7-4600U プロセッサー (2.10GHz, 4MB, 1600MHz)   Intel HD  Graphic 4400
 (CPU内蔵)
 8GB  256GB SSD
 横幅 305.5mm× 奥行 208.5mm×高さ 19.9から20.3mm  重量 1.47kg
 バッテリー可動時間 14.9時間

e440
プロセッサーは、E440が標準電圧版のインテルCore i5-4200Mに対して、X240が超低電圧版のインテルCore i7-4600U プロセッサーを搭載。当然Core i7の方が能力は高いはずですが、 パフォーマンスのスコアはE440が7.2に対してX240が7.1と逆転しました。
これは動作周波数が標準電圧版の方が高く2.50GHzで動作するのに対して、X240搭載超低電圧版仕様のCore i7-4600Uが2.10GHzと低くなる為の結果です。※CPUメモリはCore i7-4600Uが4MBと1MB多くなります。

※単純にこの数字から見れば、高価なCore i7でなくても、高い能力があり低価格なCore i5でも十分使えるプロセッサーになります。

次にストレージ関係は、さすがにX240搭載の高速265GB SSDの速さが群を抜いています。
CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコアがシーケンシャル リード/ライトが481.7/258.8と素晴らしいスコアになります。※数字が高いほど高速。

E440が115.5/109.9(500GB HDD)の結果で当然ですが相当な差が付きました。
※更に参考値として、他社高性能ゲーム用マシン(インテルCore i7-4770+8GBメモリ+2TB HDD)で252.3/186.0のスコアが記録されています。

画像編集プロ用ソフトアドビ フォトショップ最新CC版で、1枚68Mの高解像度デジタル写真JPGデータを124枚同時表示に、X240が1分14秒に対してE440は6分37秒と、こちらも大差がつきました。
※メモリーの差も影響しています。

グラフィックス関係は、共にCPU内蔵インテルHDグラフィックス4600と4400を採用。
旧モデルインテルHDグラフィックス4000より大幅に性能アップして、超高解像度4K出力にも対応できます。

ゲームベンチマークの代表的な最新ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアのベンチマークスコアが、
E440で1280×720標準品質ノートPC スコア2433普通をマーク。X240が2628やや快適をマーク。
どちらも普通にプレーが楽しめるスコアが記録されています。

結論として、レビューThinkPad E440は、X240との比較でプロセッサーについては、Core i5-4200Mの高い能力が実証され、動画エンコードでもアドビ映像編集ソフトPremiere Pro CC版でのエンコード作業で、210Mの動画データを、H264方式でのエンコード時間2分33秒と十分使える性能を持っています。

更にスペックアップするには、上位プロセッサークアッドコアのインテルCore i7-4702MQプロセッサー(4コア+8スレッド)や128GB SSD、最大16GBメモリ、専用グラフィックスNVIDIA GeForce 740Mへのカスタマイズが用意されています。

↑ページトップ

★まとめ
ThinkPad E440は、旧E430cでは、天板カラーブラック1色だけでしたが、旧E430で好評でした赤の天板も選択でき、更に薄くスタイリッシュなデザインになりました。

スペックは上記に記載した通り、最少構成インテル Core i3-4000M(2コア+4スレッド)から、Core i5-4200M(2コア+4スレッド)、Core i7-4702MQ(4コア+8スレッド)まで幅広く選択可能。

グラフィックスは標準CPU内蔵インテルHDグラフィックス4600を採用。
更にカスタマイズで専用グラフィックスNVIDIA GeForce 710M、 740Mが選択可能で、ゲームや動画編集を本格的に行えるGPUです。

今回レビューしたインテルCore i5-4200M搭載バリューパッケージですが、14型HD+(1600×900)の高解像度液晶画面を搭載していますので価格が75,180円、標準のHD(1336×768)解像度で69,930円とThinkPadシリーズでは低価格になります。Eクーポン利用で更に10%OFF以上の割引になります。

参考までに比較対象のX240モデルは、201,390円(Core i7+8GBメモリ+256GB SSD搭載)ですので半分以下の価格でE440は購入できるわけです。

ThinkPadシリーズ他のモデルとして14型高性能TシリーズThinkPad T440pモデルがあり、E440とほぼ同じスペックバリューパッケージが発売されていますが、価格は11万円台と高額になります。

レビューモデルのプロセッサーCore i5-4200Mを搭載していれば、幅広く利用ができ、更にスペックアップで上位ThinkPadモデルを逆転する能力を持ったノートPCになります。

今回レビュー比較対象としてあえて高性能なX240を選びました。理由としては、E440がどこまで高性能なX240に対応できるかを検証する事で、ThinkPad E440の、非常にコストパフォーマンスに優れた部分をお伝えできるかを考慮しました。

52,920円から最少構成エントリーパッケージ Celeronプロセッサー2950M(2コア)搭載New!
69,930円からおすすめバリューパッケージ Core i5-4200M プロセッサー搭載
上記販売価格からEクーポン利用10%OFF以上の割引が利用できます。
◆購入はこちらからThinkPad E440
◆お得なEクーポンはこちらからLenovo Web 広告限定ストア
↑ページトップ

関連記事
2013/12/28 21:30 レビュー TB(-) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

レノボ週末クーポン

毎週更新の
★お得なレノボ週末クーポン情報

レノボ週末クーポン情報

平日ナイトクーポン
★22時から翌朝までのクーポン割引

ナイトクーポン情報

新製品最新情報
 新製品最新情報
14型ThinkPad X1 Carbon (2019)
 レノボフラグシップノートPC
14型ThinkPad X1 Carbon (2019)  
14型ThinkPad X1 Yoga(2019)
14型回転型マルチモード2-in-1
ノートPC
LenovoノートPC
 レノボノートPC 新製品
15.6型IdeaPad S540
 高性能GPU搭載可能 スタイリッシュノートPC 
13.3型ThinkBook 13s
 軽量スタイリッシュビジネスノートPC
クリエイター向けノートPC
 おすすめクリエイター向けノートPC
15.6型ThinkPad X1 Extreme icon
4K UHD液晶(Adobe RGB 100% 10億色表示)のディスプレイモニター
レノボ
薄型軽量クリエイター向けノートPC
DAIV-NG4300 New
DAIV-NG4300 正面
マウスコンピューター
重量1.13軽量狭額液晶に高性能CPU搭載 クリエイター向けノートPC
DAIV-NG5810 icon icon
DAIV-NG5810 右側面
マウスコンピューター
狭額液晶に高性能GPU搭載 クリエイター向けノートPC
おすすめクリエイター向け
デスクトップPC
Quadro RTX 4000搭載raytrek ZQ-RTX 
raytrek ZZ 9900K

レイ トレーシング機能GPU Quadro RTX 4000搭載クリエイター向けハイエンドデスクトップPC

おすすめクリエイター向け
デスクトップPC
raytrek ZZ 9900K
raytrek ZZ 9900K

Core i9-9900K搭載クリエイター向けハイエンドデスクトップPC

▼HP新製品レビュー▼
★HPモバイルノートPC
15.6型HP Spectre x360 15New
HP Spectre x360 15製品レビュー

★HPモバイルノートPC
13.3型HP Spectre 13
HP Spectre 13製品レビュー

★HPモバイルノートPC
13.3型HP ENVY 13 x360
ideapad 720S
HPノートPC
 HP プレミアムノートPC 新製品
13.3型2in1 HP Spectre x360 13 icon
13.3型2in1 HP Spectre x36013
 最大4.60GHz動作CPU搭載可能
 ハイエンドノートPC
13.3型 HP Spectre Folio 13 icon
 美しいデザインの2in1タブレットPC
15.6型2in1 HP Spectre x360 15 icon

 6コアCPU搭載高性能2in1方式の
 ハイエンドノートPC

製品レビュー
★HP製品レビュー
HP Z2 Mini G3 Workstation製品レビュー

15.6型HP Pavilion Power 15 製品レビュー


★レノボモバイルノートPC
14型ThinkPad X270
x1_carbon

★レノボタブレットPC
10.1型YOGA BOOK
x1_carbon



パソコンセキュリテー
シマンテックストア
無料ウイルス対策ソフト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
★Twitterにて最新情報を随時つぶやいています。
TwitterアカウウトPC_fujiフォロー宜しくお願いします。