製品比較PC直販最新情報
直販パソコンメーカーの最新機種とキャンペーン情報をご紹介しています。
▼新製品レビュー▼

★レノボモバイルノートPC
13.9型Yoga920 New
x1_carbon

★レノボモバイルノートPC
14型ThinkPad X270
x1_carbon

★レノボタブレットPC
10.1型YOGA BOOK
x1_carbon

周辺機器製品レビュー
★ThinkPad
65W スリム ACアダプターNew

★27型4KIPS対応
新型Dell P2715Qモニター

★NVIDIA Quadro K2200
グラフィックスカード 

★NVIDIA Quadro K620
グラフィックスカード 

★ThinkPad アクティブ・バックパック

★23.8型フルHD IPSモニター
新型Dell U2414Hモニター
x1_carbon
ブログ内検索
割引クーポン情報
★最新割引クーポン情報★
<レノボ>
Lenovo Web 広告限定ストア

<パナソニック>
レッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」

<富士通>
富士通 最新パソコンのお買い得情報はこちら>>>

<東芝>
東芝デジタル商品オンラインショップ Shop1048(Toshiba)

<NEC>
NECパソコンお買い得情報

ブログ全記事表示
プロフィール

adfujita

Author:adfujita
★ブログデザインをリニューアルしました。

>>このブログについて★
>>運営者情報★

HPの2in1方式のノートPC 4モデル「HP EliteBook x360 1020 G2」、「HP EliteBook x360 1030 G2」、「HP Spectre x360」、「HP Pavilion x360 14」の製品比較です。

▼INDEX▼
EliteBook x360 1020 G2 ■EliteBook x360 1030 G2 ■Spectre x360 
Pavilion x360 14 ■比較表 ■まとめ
 

最近のHP2in1方式ノートパソコンは、軽くて美しいデザインのプレミアムシリーズが注目されています。
法人向けのHP EliteBook x360シリーズと個人向けのSpectre x360シリーズに個人向けスタンダードタイプのPavilion x360の4モデルを比較します。

最大特長の4つのモードに変身する2in1方式。ヒンジ部分を360°回転してノートPCモード、タブレットモードとその中間のスタイルに変化して用途に合わせて使い分ける事ができます。




▼現在発売中の4モデルの特長

1.ビジネスモデルのEliteBook x360シリーズ12.5型2in1方式ノートPC HP EliteBook x360 1020 G2。
重量1.13kgと2in1方式では国内最軽量に第7世代CPUを搭載。

詳細記事はこちらから

★12.5型 HP EliteBook x360 1020 G2★
ThinkPad X1 Yogaノートパソコン

12.5型液晶画面は輝度700nitの高輝度ディスプレイを採用。
モバイルPCを明るい屋内外で利用した経験のある方には太陽や室内光による明るさで液晶画面の見えにくさを感じたと思いますが、輝度700nitの明るさでくっきりと見えると思われます。
※一般的なPCの輝度は300nitが平均ですのでこの数値は飛びぬけています。
HP EliteBook x360 1020 G2は、ビジネスでのモバイル使用に特化した2in1ノートPCです。

購入はこちらからHP EliteBook x360 1020 G2 icon


2.同じくEliteBook x360シリーズ13.3型の2in1方式ノートPC HP EliteBook x360 1030 G2。
重量1.28kgと13.3型サイズの2in1方式では国内最軽量に近い軽さに第7世代CPUを搭載。

詳細記事はこちらから

★13.3型 HP EliteBook x360 1030 G2★
ThinkPad X380 Yogaノートパソコン
本体はアルミニウム合金インゴットをダイヤモンドカットした美しいボディを採用。
HP EliteBook x360 1030 G2は、ビジネスに必要なセキュリティからプロセッサー、ストレージ、インターフェースを装備した最新の2in1ノートPCになります。

購入はこちらからHP EliteBook x360 1030 G2 icon


3.一般ユーザー向けの13.3型
2in1方式ノートPC HP Spectre x360。
美しいデザインのHP Spectre x360は、個人向けの2in1方式では最高性能を搭載したノートPCになります。
詳細記事はこちらから

★13.3型 HP Spectre x360★
ThinkPad L380 Yogaノートパソコン
13.3型液晶は、最大4K(3840×2160)の高解像度も選択可能で、CPUには最新第8世代プロセッサーに超高速SSDを標準搭載で重量1.29kgの軽量仕様。

HP Spectre x360は、美しいデザイン、高性能スペックなどを搭載したプレミアム2in1ノートPCになります。

購入はこちらからHP Spectre x360 icon


4.HP Pavilion x360 14は、 一般ユーザー向けの大画面14型スタンダードモデルになります。
14型フルHD(1920×1080)液晶画面に、最新第8世代CPUと高速SSDを搭載。

★14型 HP Pavilion x360 14 ★
13.9型Lenovo Yoga 920ノートパソコン
14型の大サイズで、ノートPCモードでは使い勝手の良いパソコンになります。

HP Pavilion x360 14は、手軽に2in1方式を楽しめるコストパフォーマンスに優れた2in1ノートPCになります。

購入はこちらからHP Pavilion x360 14 icon



HP 2in1シリーズ4モデルの主なスペック一覧。(赤文字は比較した最も優れたスペック)
大きな画面のPDFファイルはこちらから
レノボ2in1ノートPCスペック比較

まとめ
2in1方式のノートPCは、液晶画面を回転させ画面タッチができる事で様々な利用状況で使い分ける便利さがあります。
半面液晶部分とキーボードが分離できないため、タブレットモードで利用した場合に単体タブレットより重くなりますが、HP製品は12.5型のHP EliteBook x360 1020 G2で
は、重量1.13kgとノートPCの軽量モデルと同等な軽さになります。

紹介した14型のHP Pavilion x360 14以外は、1.20kg以内の軽さになります。

12.5型で1.13kgの軽量モデルHP EliteBook x360 1020 G2は、輝度700nitの高輝度ディスプレイを採用していますので、屋外の明るい場所での作業に最適です。
モバイル使用に特化したスペックを搭載したビジネス2in1方式ノートPCになります。

13.3型サイズのHP EliteBook x360 1030 G2は、モバイルにもデスクでの使用にも使いやすい大きさと、美しいデザインに堅牢性と、ハイスペックを搭載したHPビジネス製品を代表する2in1方式ノートPCになります。

同じく13.3型サイズのHP Spectre x360は、美しいデザインに最新スペックを装備。
最大画面解像度4Kと、4つのモデルの中では最もバッテリー稼働時間が長い約16時間強で稼働。
HP Spectre x360は、全てのHP製品の中で最高のスペックを搭載したフラグシップ2in1方式ノートPCになります。

最後にコストパフォーマンスに優れた大画面14型のHP Pavilion x360 14は、基本性能を搭載したスタンダードタイプの2in1方式ノートPCになります。

現在お得なキャンペーン詳細はこちらからHPオンラインストア icon

2018/05/21 08:00 製品比較 TB(0) CM(0)
レノボThinkPadシリーズでモバイルでもデスク使用でも使いやすい大きさの14型ノートPCの製品比較です。

手軽に持ち運べて、デスク上でも見やすい大きさの14型サイズ、ThinkPadノートパソコン4モデルの比較になります。

▼INDEX▼
ThinkPad X1 Carbon ■ThinkPad T480s ■ThinkPad T480 
ThinkPad E480 ■比較表 ■まとめ
 

フラグシップモデルのThinkPad X1 Carbon、高性能グラフィックス搭載可能なThinkPad T480sとThinkPad T480に、スタンダードタイプのThinkPad E480の比較になります。



▼現在発売中の4モデルの特長

1.ThinkPadシリーズのハイエンドモデルThinkPad X1 Carbonは、最新のインテル第8世代CPUを搭載。最上位に位置する最大動作周波数4.20GHzで動作のインテルCore i7-8650Uプロセッサー が搭載可能で重量1.13kgと軽量モデル。信頼の国内米沢生産モデルも発売中!
詳細記事はこちらから
★14型 ThinkPad X1 Carbon★
ThinkPad X1 Yogaノートパソコン

14型液晶画面は、より広い色域と明るいHDR液晶(High Dynamic Rangeハイダイナミックレンジ)を搭載したモデルが選択可能。

HDR液晶は、WQHD(2560×1440ドット)IPSマルチタッチ液晶で選択可能になり、輝度(明るさ)500nitの明るさと広い明るさの表示幅になり、 写真で言えば日陰と日向の混在する部分(白飛びや黒くつぶれた諧調)がどちらも犠牲にならず自然の諧調で表示されます。更にこの明るさで屋外での明るい場所での利用時もくっきり表示できます。

ThinkPad X1 Carbonは、スタイリッシュなデザインとハイスペック仕様でThinkPad Xシリーズ最も上位に位置するフラグシップノートPCになります。

購入はこちらからThinkPad X1 Carbon (2018モデル)
最新の価格はこちらから
Lenovo Web 広告限定ストア


2.ThinkPadシリーズのThinkPad T480sは、最新のインテル第8世代CPUを搭載。高解像度WQHD(2560×1440ドット)に高性能な専用グラフィックスを選択可能な薄型軽量ノートPCになります。
重量1.32Kg。
詳細記事はこちらから

★14型 ThinkPad T480s★
ThinkPad X380 Yogaノートパソコン
このPCも最大動作周波数4.20GHzで動作のインテルCore i7-8650Uプロセッサー が搭載可能。
高解像度WQHD(2560×1440ドット)ディスプレイと高性能グラフィックスNVIDIA GeForce MX150 (2GB)をカスタマイズ選択で、 高品質の画像編集や動画編集ができます。

ThinkPad T480sは、ThinkPad 14型シリーズ中最も高性能なスペックを搭載したノートPCです。
購入はこちらからThinkPad T480s
最新の価格はこちらからLenovo Web 広告限定ストア


3.同じくThinkPadシリーズのThinkPad T480は、上記T480sと同じ14型になりますが最大メモリ32GBとより多くのストレージを選択できる等コストパフォーマンスに優れたノートPCで、 ビジネス使用に特化した構成になります。重量1.65kg。
★14型 ThinkPad T480★
ThinkPad L380 Yogaノートパソコン
T480sは、T480s同様に最大動作周波数4.20GHzで動作のインテルCore i7-8650Uプロセッサー が搭載可能。
高解像度WQHD(2560×1440ドット)ディスプレイと高性能グラフィックスNVIDIA GeForce MX150 (2GB)をカスタマイズ選択で、 高品質の画像編集や動画編集ができます。

ThinkPadT480は、予算により幅広い構成が選択できる14型ビジネスノートPCになります。

購入はこちらからThinkPad T480
最新の価格はこちらからLenovo Web 広告限定ストア


4.ThinkPad E480は、ThinkPadシリーズではスタンダードタイプの低価格モデルになりますが、高性能な最新第8世代CPUに高性能なAMDグラフィックスも選択できます。
詳細レビュー記事はこちらから
★14型 ThinkPad E480★
13.9型Lenovo Yoga 920ノートパソコン
スタンダードモデルながら最大インテルCore i7-8650Uプロセッサーと、高性能専用グラフィックスに超高速SSDも選択できるコストパフォーマンスに優れたノートPC。重量1.75kg。

ThinkPad E480は、全4モデルの中では最も価格の安いモデルになり、上位Core i7-8650Uプロセッサーに専用グラフィックスAMD Radeon RX 550 2GB搭載構成でもクーポン割引後12万円台で購入できます。ハイスペック構成を低価格で購入するにはおすすめのスタンダードノートPCになります。

購入はこちらからThinkPad E480
最新の価格はこちらからLenovo Web 広告限定ストア


ThinkPa14型シリーズ4モデルの主なスペック一覧。(赤文字は比較した最も優れたスペック)
大きな画面のPDFファイルはこちらから
レノボ14型ThinkPadノートPC比較

まとめ
14型サイズのノートパソコンは、大きさ的にモバイル使用で持ち出してもそんなに重くなく、オフィスや家庭内でデスクに置いても邪魔にならず使える程よい大きさの液晶画面になります。

今回ラインナップした4モデルですが、軽さとスタイリッシュなデザインにハイパワーを備えたThinkPad X1 Carbonは、ThinkPad X1シリーズを代表するフラグシップなノートPCになり、特にこの新型モデルから採用された、広い色域と明るいHDR液晶(High Dynamic Rangeハイダイナミックレンジ)の液晶画面はこのPCと2in1方式のThinkPad X1 Yogaのみに採用さています。

価格も高額ですが、その価格に見合う高性能なノートPCになります。


次にビジネス志向の強いThinkPad Tシリーズの2モデルT480sとT480ですが、共にX1 Carbonと同じ最大動作周波数4.20GHzで動作のインテルCore i7-8650Uプロセッサーを搭載可能で、高性能専用グラフィックスNVIDIA GeForce MX150 (2GB)が選択可能です。

画像や映像編集などを専門的に行うには最適なノートPCになり、モバイル使用に向いた重量1.32kgと軽いThinkPad T480sと、幅広いスペック構成により予算に応じた選択ができるThinkPad T480になります。

総合的にみるならこのThinkPad Tシリーズが4モデルの中では最強の性能を搭載可能なモデルになります。


最後にスタンダードタイプのThinkPad E480は、価格的には4モデルの中では最も安くなります。
低価格でも、最新第8世代CPU上位のインテルCore i7-8550Uプロセッサーから専用グラフィックスのAMD Radeon RX 550 2GBと超高速SSDまで選択出来ますので、ThinkPad E480は予算を抑えて高性能なスペックを選択できるコストパフォーマンスに優れたノートPCになります。


現在お得なクーポンキャンペーン詳細はこちらからLenovo Web 広告限定ストア

2018/05/14 08:00 製品比較 TB(0) CM(0)
レノボが最初に世に出した2in1方式のノートPC 4モデルの製品比較です。

▼INDEX▼
ThinkPad X1 Yoga ■ThinkPad X380 Yoga ■ThinkPad L380 Yoga 
Lenovo Yoga 920 ■比較表 ■まとめ
 

レノボが最初に2in1方式のノートパソコンを世に出したYogaシリーズの製品比較を紹介します。

最大特長の4つのモードに変身する2in1方式。ヒンジ部分を360°回転してノートPCモード、タブレットモードとその中間のスタイルに変化して用途に合わせて使い分ける事ができます。

レノボと言えば黒い筐体にキーボード中央の赤い丸のTrackPointを搭載したノートパソコン代表モデルのThinkPadシリーズと、一般のユーザーを対象にしたLenovo Yogaシリーズの2in1方式が発売されています。



▼現在発売中の4モデルの特長
1.ThinkPadシリーズのハイエンドモデルThinkPad X1 Carbonに2in1方式が備わったThinkPad X1 Yogaモデルは、最新のインテル第8世代CPUを搭載。最上位に位置する最大動作周波数4.20GHzで動作のインテルCore i7-8650Uプロセッサー が搭載可能で重量1.42kg。
詳細記事はこちらから
★14型 ThinkPad X1 Yoga★
ThinkPad X1 Yogaノートパソコン

14型液晶画面は、より広い色域と明るいHDR液晶(High Dynamic Rangeハイダイナミックレンジ)を搭載したモデルが選択可能。

HDR液晶は、WQHD(2560×1440ドット)IPSマルチタッチ液晶で選択可能になり、輝度(明るさ)500nitの明るさと広い明るさの表示幅になり、 写真で言えば日陰と日向の混在する部分(白飛びや黒くつぶれた諧調)がどちらも犠牲にならず自然の諧調で表示されます。更にこの明るさで屋外での明るい場所での利用時もくっきり表示できます。

ThinkPad X1 Yogaは、Yogaシリーズ最も上位に位置するハイエンド2in1ノートPCになります。

購入はこちらからThinkPad X1 Yoga(2018モデル)
最新の価格はこちらから
Lenovo Web 広告限定ストア


2.ThinkPadシリーズのThinkPad X380 Yogaは、14型のX1 Yogaより画面サイズが小さい13.3型サイズのノートパソコンになります。重量1.44kg。
詳細記事はこちらから

★13.3型 ThinkPad X380 Yoga★
ThinkPad X380 Yogaノートパソコン
このPCも最大動作周波数4.20GHzで動作のインテルCore i7-8650Uプロセッサー が搭載可能。
画面解像度フルHD(1920×1080)に1.44kgの軽量モデルになります。
ThinkPad X380 Yogaは、Yogaシリーズ最も小型でコストパフォーマンスが高い2in1ノートPCになります。

購入はこちらからThinkPad X380 Yoga
最新の価格はこちらからLenovo Web 広告限定ストア

3.同じくThinkPadシリーズの中でビジネス志向の強い13.3型サイズのThinkPad L380 Yogaノートパソコン。重量1.56kg。
★13.3型 ThinkPad L380 Yoga★
ThinkPad L380 Yogaノートパソコン
価格は上記2モデルの中で最も低価格になり、プロセッサーは第7世代から最大動作周波数4.00GHzで動作のインテルCore i7-8550Uプロセッサーまで選択可能。

ThinkPad L380 Yogaは、Yogaシリーズではビジネス向けの低価格な2in1ノートPCになります。

購入はこちらからThinkPad L380 Yoga
最新の価格はこちらからLenovo Web 広告限定ストア


4.一般ユーザー向けのフラグシップモデル13.9型Lenovo Yoga 920ノートパソコン。
13.9型サイズの液晶画面は最大4K( Ultra HDIPS液晶 (3840×2160ドット)が選択可能。
詳細レビュー記事はこちらから
★13.9型 Lenovo Yoga 920★
13.9型Lenovo Yoga 920ノートパソコン
スタイリッシュなデザインと1.37kgの軽量モデルになり、プロセッサーは最大動作周波数4.00GHzで動作のインテルCore i7-8550Uプロセッサーまで選択可能。重量1.37kg。

Lenovo Yoga 920は、Yogaシリーズ唯一の一般ユーザー向けで、デザインとパフォーマンスに優れた2in1ノートPCになります。

購入はこちらからLenovo Yoga 920
最新の価格はこちらからLenovo Web 広告限定ストア


Yogaシリーズ4モデルの主なスペック一覧。(赤文字は比較した最も優れたスペック)
大きな画面のPDFファイルはこちらから
レノボ2in1ノートPCスペック比較

まとめ
2in1方式のノートPCは、液晶画面を回転させ画面タッチができる事で様々な利用状況で使い分ける便利さがあります。
半面液晶部分とキーボードが分離できないため、タブレットモードで利用した場合に単体タブレットより重くなります。

但し1台でノートPCとタブレットを兼用していますので便利さの点では上回っています。

紹介のYogaシリーズ4モデルですが、最上位ThinkPad X1 Yogaモデルは、フラグシップモデルThinkPad X1 Carbonを2in1方式にしたモデルで、スタイリッシュなデザイン、高性能スペック、液晶画面の鮮やかさ等が特長のハイエンドモデルになります。

13.3型サイズのThinkPad X380 Yogaは、画面解像度はフルHD(1920×1080)と固定されていますが、CPUのスペックはX1 Yogaと同じ最大動作周波数4.20GHzで動作のインテルCore i7-8650Uプロセッサーが搭載でき、価格的にも
X1 Yogaより安く手軽に高性能スペックと2in1方式を楽しめるモデルになります。

同じく13.3型サイズのThinkPad L380 Yogayは、ThinkPadシリーズでは最もビジネス志向の高いThinkPad Lシリーズの2in1方式モデルになります。ビジネス使用に特化した構成で価格も第7世代CPUが選択でき4モデルの中では最も低価格になります。

最後にレノボ2in1方式の元祖とも言える13.9型Lenovo Yoga 920は、最大解像度4K(Ultra HDIPS液晶(3840×2160ドット)が選択でき、2色のカラーとスタイリッシュなデザインの一般向けフラグシップモデルになります。

現在お得なクーポンキャンペーン詳細はこちらからLenovo Web 広告限定ストア

2018/05/05 19:30 製品比較 TB(0) CM(0)
レノボから4つのモードに変身する4in1ノートPCのラインアップです。

4つのスタイルに変身する機能はレノボが最初に取り入れた方式で、現在ではパソコン各社が採用して販売しています。
その元祖と言えるレノボから11.6型、12.5型、13.3型、14型の各サイズが発売中です。

性能も最少構成のインテル Celeron プロセッサー N2840搭載の11.6型Lenovo Flex 3から、14型のインテル Core i5-5200U プロセッサー搭載Lenovo Yoga 3 14までラインアップされています。

価格は最少構成11.6型Lenovo Flex 3がクーポン利用3万円台から、元祖と言える13.3型のハイエンド構成のLenovo Yoga 3 Proがクーポン利用12万円台で発売。

4つのスタイルに変身する方式は、すべてのモデルでタッチ対応液晶パネルを360°回転させて、ノートPCモード、スタンドモード、テントモード、タブレットモードになります。

この360°液晶画面を回転する事で4つのスタイルで使い分けできる機能は、レノボが最初に開発しました。


11.6型Lenovo Flex 3 ■12.5型ThinkPad Yoga12 ■13.3型Lenovo Yoga 3 Pro ■14型Lenovo Yoga 3 14

★11.6型Lenovo Flex 3★
コストパフォーマンスに優れ3万円台の低価格で手軽に4in1の使い方が利用できる軽量のモバイルノート。
写真はWindows 8.1 Updateを無料バージョンアップで最新OSWindows10にアップグレードしたデスクトップ画面。
製品レビューは
こちらから


スタンドモード


タブレットモード


テントモード


ラップトップモード


11.6型本体は、最薄部21.8mmに重量1.39kgの軽量薄型ボディで、2色(エボニーブラック、チョークホワイト)のカラーバリエーションが選択できます。

プロセッサーには、タブレットやエントリーレベルのコスパに優れたインテル Celeronプロセッサー N2840を採用。
定格動作周波数2.16GHzがPCに負荷のかかる場合にバーストテクノロジーにより最大2.58GHzで動作します。

日々のパソコン作業(ネット、メール、動画再生、オフィスソフト)に対応できます。


Lenovo Flex 3の主なスペック

cpu
Windows 8.1 Update(64bit)
カスタマイズ
Windows 10 Home 64(マイクロソフトからの無償アップグレード利用)
cpu
インテル Celeron プロセッサー N2840
2.16GHz(インテル バースト・テクノロジー対応、バースト周波数:2.58GHz)
カスタマイズ
gpu
インテルHDグラフィックス
カスタマイズ
メモリ
 2GB 固定
カスタマイズ
ストレージ
500GB HDD
カスタマイズ
dvdドライブ
dvdドライブ
LED バックライト付 11.6 型 HD 液晶(1,366×768 ドット、1,677 万色)、光沢あり、マルチタッチパネル(10点)
カスタマイズ

59,400円が35%OFFの38,610円
78,840円が24%OFFの59,918円オフィス搭載
◆購入はこちらから【レノボ・ショッピング限定販売】 Lenovo Flex 3
◆その他のお得なEクーポンはこちらからここが便利!レノボWeb広告限定ストア


★12.5型ThinkPad Yoga12★
12.5型サイズに新OSWindows 10 と高性能な第5世代インテルCore i3-5005Uプロセッサーから、最大インテルCore i7-5600Uプロセッサーまで搭載可能。
ThinkPad ブランド唯一のモデルで、ThinkPad の最大特長の赤いトラックポイントも利用できます。







使いやすさを追求した独自のLift'n' Lock(リフトンロック)キーボード搭載。
スロープ形状のキートップ表面により、指に吸い付くような快適な操作感を提供するバックライト付きキーボードを搭載。
ソフト・ランディング(軟着地)にチューニングされたキータッチなど、長時間の利用でも疲れにくい工夫が施されています。
またタブレットモードにすると、キーボード面のフレームが上昇し、キーをロック。持ちやすくなるとともに、誤ってキーを押すことがありません。各モードでのユーザビリティーを考慮した設計です。

通常は、フレーム部分がキーボタンより低い位置に設置されキー入力が普通に出来る(上記画像)。
タブレットモードになると自動的にフレーム部分がキーより上昇して、キーボタンをロックして保護(下記画像)。

※製品画像は前モデルのThinkPad Yogaですが、機能は同じです。
ThinkPad Yoga

タブレットモード時。
ThinkPad Yoga

12.5型本体は最少構成1.60kgの軽量ボディで持ち運びが楽にできます。

画面解像度は、HD液晶 (1366x768 )とFHD液晶 (1920x1080 )、FHD液晶 (1920x1080 )ペン対応が選択できます。
全てのモデルで広視野角のIPS仕様ですから、それぞれのモードで上下、左右斜めからもくっきり見えます。

プロセッサーには、最少構成第5世代インテルCore i3-5005Uプロセッサー からCore i5-5200U、Core i5-5300U、 Core i7-5500U 、最上位Core i7-5600Uまで幅広く選択できます。全てのモデルが2コア、4スレッド仕様になります。

グラフィックスにはCPU以上に大幅にパワーアップしたCPU内蔵インテルHDグラフィックス5500を搭載。
旧世代より大幅に性能アップしたGPUで、動画や写真などをきれいに再現します。
※インテルHDグラフィックス5500のレビューはこちらから

ThinkPad Yoga12の主なスペック
★印は5段階表示で性能レベルを表示。

cpu
Windows 10 Home 64
カスタマイズ
Windows 8.1  (64bit)
cpu
インテル Core i3-5005U プロセッサー (2.00GHz, 3MB)
(2コア+4スレッド)★★★
カスタマイズ
インテル Core i5-5200U プロセッサー (2.20GHz, 3MB)
(2コア+4スレッド)★★★☆
インテル Core i5-5300U プロセッサー (2.30GHz, 3MB)
(2コア+4スレッド)★★★☆
インテル Core i7-5500U プロセッサー (2.40GHz, 4MB)
(2コア+4スレッド)★★★★
インテル Core i7-5600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)
(2コア+4スレッド)★★★★
gpu
インテルHDグラフィックス5500 ★★★
カスタマイズ
メモリ
 4GB 8GB
カスタマイズ
ストレージ
500GB HDD
カスタマイズ
1TB HDD 
128GB M2規格180GB 256GB SSD
dvdドライブ
dvdドライブ
12.5型HD液晶 (1366x768 IPS LEDバックライト 光沢あり)
マルチタッチ対応(10点)
カスタマイズ
12.5型FHD液晶 (1920x1080 IPS LEDバックライト 光沢あり)
マルチタッチ対応(10点)
12.5型FHD液晶 (1920x1080 IPS LEDバックライト 光沢なし)
マルチタッチ対応(10点) ペン対応

126,360円が15%OFFの107,406円最少構成
◆購入はこちらからThinkPad Yoga 12
◆お得なEクーポンはこちらからここが便利!レノボWeb広告限定ストア


★13.3型Lenovo Yoga 3 Pro
元祖4つのモードに変化する機能を最初に取り入れたウルトラブック。
本体カラーは、従来からのクレメンタイオレンジに新色プラチナシルバーと、シャンパンゴールドの2色展開!
13.3インチ液晶画面はLED バックライト付 13.3 型 QHD+ IPS液晶(3,200×1,800 ドット)の超高解像度になります。


1.ラップトップ 通常のノートPCとしてキーボードを使用しての文章作成等に。


2.タブレット タッチパネルの操作でWindows 8の新しいユーザーインターフェースに指操作で対応。


3.テント 複数での動画鑑賞やビデオチャトに便利なモード。(操作は指でタッチ)


4.スタンド キーボードを下にしてプレゼンテーションやビデオ、写真鑑賞に。(操作は指でタッチ)


本体液晶画面は、Lenovoシリーズ初の超高解像度QHD+ IPS液晶(3,200×1,800 ドット、1,677 万色)IPSマルチタッチ液晶パネルを採用。フルHD(1920×1080ドット)の約2.78倍の広い画面領域と高精細な表示が可能。
※15.6型ゲーミングノートLenovo Y50にはQHD+より高い解像度4K(3840×2160)対応モデルが発売中!

本体カラーは、Yogaシリーズ定番のクレメンタインオレンジから、新色ライトシルバー、シャンパンゴールドの2色がラインアップ。
  

本体重量1.19kgに12.8mmの最薄ボディと、旧モデルより本体を支えるヒンジが6か所に増え、画面タッチ時の液晶画面の揺れが軽減されました。


プロセッサーには、新登場のコードネーム:Broadwell-Yシリーズ最上位のインテルCore M-5Y70 vProプロセッサー(2コア+4スレッド)を搭載。 製造プロセス初の14nmで製造、電力消費が前世代(第4世代)より大幅に削減され長時間のモバイル使用が可能になりました。 更にCPU内蔵グラフィックスも前世代のインテルHDグラフィックス4400から、インテルHDグラフィックス5300にパワーアップ。

グラフィックスには、実行エンジン(EU)が20個から25個に増えたCPU内蔵インテルHDグラフィックス5300を採用。
前世代より性能アップして映像などをきれいに再現します。

Lenovo Yoga 3 Proは、全てが最新テクノロジーで装備された13.3型ウルトラブックです。

Lenovo Yoga 3 Proの主なスペック
cpu
Windows 8.1 Update 64bit(64bit)
カスタマイズ
cpu
インテル Core M-5Y70 プロセッサー1.10 GHz(ターボブースト時2.60 GHz)
カスタマイズ
インテル Core M-5Y71 プロセッサー( 1.20GHz 1600MHz 4MB)
gpu
インテルHDグラフィックス5300 
カスタマイズ
メモリ
8GB
カスタマイズ
ストレージ
250GB SSD
カスタマイズ
512GB SSD
dvdドライブ
dvdドライブ
LED バックライト付 13.3 型 QHD+ IPS液晶(3,200×1,800 ドット、1,677 万色)、光沢あり、マルチタッチパネル(10点)、ゴリラガラス
カスタマイズ
227,664円(税抜)が30%OFFの159,365円
◆レノボ購入webページはこちらからLenovo YOGA 3 Pro
◆お得なクーポン割引はこちらからここが便利!レノボWeb広告限定ストア


★14型Lenovo Yoga 3 14
14型フルHDIPSマルチタッチの高解像度と、重量1.7kgの軽量ボディにノートPC並みの高性能仕様を搭載したウルトラブックです。

1.ラップトップ 通常のノートPCとしてキーボードを使用しての文章作成等に。


2.タブレット タッチパネルの操作でWindows 8の新しいユーザーインターフェースに指操作で対応。


3.テント 複数での動画鑑賞やビデオチャトに便利なモード。(操作は指でタッチ)


4.スタンド キーボードを下にしてプレゼンテーションやビデオ、写真鑑賞に。(操作は指でタッチ)

本体液晶画面は、フルHD+ IPS液晶(1920×1080 ドット、1,677 万色)IPSマルチタッチ液晶パネルを採用。

本体カラーは、重厚感のあるエボニーブラック、シックで落ち着きのあるプラチナシルバー、シンプルさが魅力のチョークホワイトの3色構成。


プロセッサーには新型第5世代超低電圧版のインテル Core i5-5200U プロセッサー(2コア、4スレッド2.70GHz)を搭載。
新型第5世代プロセッサーは、14nm プロセス技術の採用により、前世代と比較して、トランジスター数を35%増加させたと同時に、ダイの大きさを 37%縮小しました。14nm プロセス技術により、第 5 世代インテル Core プロセッサー・ファミリーはアーキテクチャーが強化されただけでなく、CPU内蔵グラフィックス性能を最大 24% 向上、また動画変換を最大 50% 高速化するとされる

そのグラフィックスには、CPU内蔵第4世代インテルHDグラフィックス4400より約30%以上の性能向上したとされる、第5世代インテルHDグラフィックス5500を搭載。


Lenovo Yoga 3 Proの主なスペック

cpu
Windows 8.1 (64bit)
カスタマイズ
cpu
インテル Core i5-5200U プロセッサー (2.20GHz, 3MB)★★★
カスタマイズ
gpu
インテルHDグラフィックス5500 ★★★
カスタマイズ
メモリ
  8GB
カスタマイズ
ストレージ
SSHD (500GB HDD 5400rpm + 8GB NAND型キャッシュ)
カスタマイズ
1TB HDD 
128GB M2規格180GB 256GB SSD
dvdドライブ
dvdドライブ
LED バックライト付 14.0" FHD LEDバックライト マルチタッチ 1920x1080
カスタマイズ

129,600円(税込)が34%クーポン利用85,536円(税込) 
◆レノボ購入webページはこちらからLenovo YOGA 3 (14型)
◆お得なクーポン割引はこちらからここが便利!レノボWeb広告限定ストア



2015/09/28 20:30 製品比較 TB(-) CM(0)
レノボThinkPadシリーズ最も薄型軽量の14型最新世代ThinkPad X1 Carbonハイスペックモデルと14型スタンダードノートPC ThinkPad E450を最高性能にカスタマイズしたモデルの製品比較です。

まとめ  ■ ベンチマーク 

ThinkPad X1 Carbonは、優れた堅牢性のカーボン繊維素材採用により最厚部17.7ミリ、最少構成重量1.26kgを実現したThinkPadシリーズ最も軽いノートPC。一方ThinkPad E450は、低価格でコストパフォーマンスに優れたノートPCになります。

今回の両モデルの主なスペックです。

ThinkPad X1 Carbon最高性能モデル
14型高解像度WQHD(2560×1440ドット)IPS液晶
インテル Core i7-5600U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)
8GBメモリ
インテル HD グラフィックス 5500
512GB ソリッドステートドライブ (PCIe)
指紋認証
参考標準価格298,080円(9月6日価格)
X1 Carbonの詳細構成と価格はこちらから

ThinkPad E450最高性能モデル
14型フルHD(1920×1080ドット)液晶
インテル Core i7-5500U プロセッサー (2.40GHz, 4MB)
8GBメモリ
★AMD Radeon R7M260グラフィックス (2GB)「カスタマイズ選択」
128GB ソリッドステートドライブ
指紋認証
参考標準価格122,040円(9月6日価格)

上記スペックの通りX1 Carbonの優位性は変わりませんが、ただ一つE450がX1 Carbonに勝る部分はAMD製専用グラフィックス搭載によるGPU性能になります。
E450シリーズの詳細構成と価格はこちらから

最新世代ThinkPad X1 Carbon VS ThinkPad E450★
ThinkPad X1 Carbon VS ThinkPad E450

↓ThinkPad X1 Carbon
超高解像度14.0型 WQHD IPS液晶 (2560x1440)液晶パネルは、広視野角と色の再現性も良い。
ThinkPad X1 Carbon★ <br />超高解像度14.0型 WQHD IPS液晶 (2560x1440)液晶パネルは、広視野角と色の再現性も良い。

↓デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。
X1 CarbonとデルP2715Qモニター(10ビット対応で色再現に優れたモニター)の比較でもご覧の通りX1 Carbon(下)は同程度に色再現されています。
デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。<br />X1 CarbonとデルP2715Qモニター(10ビット対応で色再現に優れたモニター)の比較でもご覧の通りX1 Carbon(下)は同程度に色再現されています。

↓ThinkPad E450★
カスタマイズ選択可能な高解像度フルHD(1920×1080)液晶パネルは、IPS対応ではなく色の再現性もX1 Carbonと比べると劣りますが日々のパソコン作業には問題なく使用できます。画面はWindows 10にアップグレードしたスタート画面。
ThinkPad E450★<br />カスタマイズ選択可能な高解像度フルHD(1920×1080)液晶パネルは、IPS対応ではなく色の再現性もX1 Carbonと比べると劣りますが日々のパソコン作業には問題なく使用できます。画面はWindows 10にアップグレードしたスタート画面。

↓デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。
アドビイラストレーターで作図したカラーチップの色再現で、E450(下)は赤系統の色再現が悪い。
やはりIPSモニターのX1 Carbonと、スタンダード仕様のE450では色再現の差は歴然としている。
デル製4K対応27型ウルトラHDモニター P2715Qとの色再現比較。<br />アドビイラストレーターで作図したカラーチップの色再現で、E450(下)は赤系統の色再現が悪い。<br />やはりIPSモニターのX1 Carbonと、スタンダード仕様のE450では色再現の差は歴然としている。

※但し、外部モニター接続であれば高解像度仕様のモニター利用で綺麗に色再現された。
★デルP2715QモニターとThinkPad E450の接続。
但し、外部モニター接続であれば高解像度仕様のモニター利用で綺麗に色再現された。<br />★デルP2715QモニターとThinkPad E450の接続。

↓E450=幅339mm奥行239mm
  X1 Carbon=幅331mm奥行226.5mm
X1 Carbonが幅8ミリ、奥行12.5mmE450より小さい。
左 E450                                                 右 X1 Carbon
E450=幅339mm奥行239mm<br />X1 Carbon=幅331mm奥行226.5mm<br />X1 Carbonが幅8ミリ、奥行12.5mmE450より小さい。<br />左 E450 右 X1 Carbon

↓左 E450                                                 右 X1 Carbon
キーボードやタッチパッド部分はほぼ同じ大きさで、キーストロークも同じです。
左 E450 右 X1 Carbon<br />キーボードやタッチパッド部分はほぼ同じ大きさで、キーストロークも同じです。
左 E450                                              右 X1 Carbon
本体天板比較。

左 E450 右 X1 Carbon<br />本体天板比較。
左 E450                                             右 X1 Carbon
本体厚さ比較。
E450は最厚24.4mmに対してX1 Carbonは最厚17.72mmとX1が圧倒的に薄くなります。
E450はそれでも内蔵DVDドライブ非搭載により前モデルより薄くなりました。

本体厚さ比較。<br />E450は最厚24.4mmに対してX1 Carbonは最厚17.72mmとX1が圧倒的に薄くなります。<br />E450はそれでも内蔵DVDドライブ非搭載により前モデルより薄くなりました。
下 E450        上 X1 Carbon
下 E450 上 X1 Carbon

E450 14型スタンダードモデルでも186.4kgと軽量。 
E450 14型スタンダードモデルでも186.4kgと軽量。

X1 Carbon 14型サイズで1.3kgを切る世界最薄の軽量モデル。 
X1 Carbon 14型サイズで1.3kgを切る世界最薄の軽量モデル。 


E450 CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ128GB SSD)
高速SSDならではの読み込み515のハイスコア。
※参考までにHDDでは平均100番台のスコアになります。
E450 CrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ128GB SSD)<br />高速SSDならではの読み込み515のハイスコア。<br />※参考までにHDDでは平均100番台のスコアになります。

X1 Carbon ThinkPadシリーズ唯一超高速のPCIe2.0 x4接続(レノボ公表 前X1 Carbon より80%の高速化)512GB SSDのCrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ512GB SSD)
シーケンシャル (Sequential) リード/ライトのスコアですがReadが1571と超高速のスコアにより、E450の約3倍高速仕様。
X1 Carbon ThinkPadシリーズ唯一超高速のPCIe2.0 x4接続(レノボ公表 前X1 Carbon より80%の高速化)512GB SSDのCrystalDiskMark3.0でのストレージベンチマークスコア。(Cドライブ512GB SSD)<br />シーケンシャル (Sequential) リード/ライトのスコアですがReadが1571と超高速のスコアにより、E450の約3倍高速仕様。

↓PCゲームの最新ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークスコア。
結果1280×720高品質ノートPC スコアが3119やや快適をマーク。
専用グラフィックスの能力を発揮。
PCゲームの最新ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークスコア。<br />結果1280×720高品質ノートPC スコアが3119やや快適をマーク。<br />専用グラフィックスの能力を発揮。

↓同じくX1 Carbonでのスコア2131普通をマーク。
E450より約988劣る。
やはりCPU内蔵インテル HD グラフィックス 5500と比べると専用グラフィックスAMD Radeon R7M260の能力が大幅に勝る。

同じくX1 Carbonでのスコア2131普通をマーク。<br />E450より約988劣る。<br />やはりCPU内蔵インテル HD グラフィックス 5500と比べると専用グラフィックスAMD Radeon R7M260の能力が大幅に勝る。
ビジネスノートのThinkPadシリーズでゲームは普通行わないと思いますが、このGPUの能力はビジネスでの映像表現に大きな力になります。

E450での3DMark11 FireStrikeのスコア2005。
E450での3DMark11 FireStrikeのスコア2005。

X1 Carbonでの3DMark11 FireStrikeのスコア1131。
同じく3DMark11でもE450より約874劣る
X1 Carbonでの3DMark11 FireStrikeのスコア1131。<br />同じく3DMark11でもE450より約874劣る

↑ページトップ

★まとめ
レノボを代表する高性能ノートPC ThinkPad X1 Carbonと、スタンダードノートの人気モデルThinkPad E450の最高性能モデルの比較をレビューしました。

ThinkPad X1 Carbonは、本体にカーボン素材を採用して1.3kgの軽量を実現したウルトラブックで、ThinkPadシリーズ唯一の超高速規格M2仕様のSSDを搭載。
ベンチマークの通り、シーケンシャル (Sequential) リードのスコア1571を記録。この数値は通常のSSD 500番台の約3倍の高速仕様になります。

方や、ThinkPad E450を128GB SSDにカスタマイズしたスコア515.3は一般的なSSDのスコアになります。

OS起動時間
ThinkPad X1 Carbon(PCIeM2) =8秒
ThinkPad E450=9秒となり体感的にはほとんど差が感じられませんでした。
E450はOSをWindows 10にアップグレードしました。

負荷のかかる画像編集ソフトアドビフォトショップでは、
ThinkPad X1 Carbon(PCIeM2) =6秒
ThinkPad E450=9秒となり若干の差がでました。

液晶パネル
ThinkPad E450は液晶パネルに高解像度のワイドフルHD(1920×1080ドット)仕様をカスタマイズ選択しました。
広視野角のIPS仕様ではないですが、斜め方向からも見ることが可能でした。
但しレビュー記事の通り、色の再現性は悪くデザイン作業には向いていないと思いますが、 日々のオフィス作業などには問題なく使える液晶パネル仕様になります。
※デザイン作業など色の再現性を重視するには、外付けモニター利用をおすすめします。

方や、ThinkPad X1 Carbonは超高解像度WQHD(2560×1440ドット)IPS液晶仕様で、レビュー通りに色の再現性が高くビジネスからデザイン作業等にも幅広く対応できる高性能な液晶パネル仕様になります。

プロセッサー
E450にはシリーズ最上位の新型第5世代インテルCore i7-5500Uプロセッサー(2コア、4スレッド)を搭載。
動作周波数最大3GHzの高速プロセッサー仕様。

ThinkPad X1 Carbonは、インテル第5世代最速の新型第5世代インテルCore i7-5600Uプロセッサー(2コア、4スレッド)を搭載。
動作周波数最大3.2GHzの高速プロセッサー仕様。

両モデルともに高速仕様で、体感的には差はありません。

グラフィックス
ThinkPad E450には専用グラフィックスのAMD Radeon R7M260グラフィックス (2GB)を搭載。
ベンチマークのレポート通りに、CPU内蔵インテルHDグラフィックス5500をスコアで大きく引き離しました。
※製品レビューで、デザインや画像編集のレポートを掲載していますので参照してください。

ThinkPad X1 Carbonは標準第5世代インテルCPU内蔵インテルHDグラフィックス5500を搭載。
HDグラフィックス5500は、前世代インテルHDグラフィックス4400より大幅に性能アップしましたが、レビューの通りE450搭載のAMD Radeon R7M260グラフィックス (2GB)に大きく差をつけられました。

今回レビューした両モデルですが、最後に価格的には、標準価格ThinkPad X1 Carbonが約29万円に対してThinkPad E450が12万円台とE450が半額以下の価格で購入できることになりますが、スタンダードノートPC ThinkPadE450の高いコストパフォーマンスが実証できました。
※両モデル共に、webクーポン利用で標準価格から割引になります。

◆購入はこちらからThinkPad X1 Carbon
◆購入はこちらからThinkPad E450
◆お得なEクーポンはこちらからLenovo Web 広告限定ストア
↑ページトップ
2015/09/06 21:30 製品比較 TB(-) CM(0)
レノボ週末クーポン

New毎週更新の
★お得なレノボ週末クーポン情報

レノボ週末クーポン情報

New平日ナイトクーポン
★22時から翌朝までのクーポン割引

ナイトクーポン情報

新製品情報
HP新製品情報!
14型4Kデタッチャブル
ワークステーション

HP ZBOOK x2
Bluetooth®対応キーボード
★詳細はこちらから

11.6型2in 1ノートPC
SSD搭載最安値
37,800円
HP x360
スタンドモード
★詳細はこちらから icon

デル新製品情報!
13.3型4KノートPC
世界最小13インチノートPC

New XPS13
XPS 13 9370
★詳細はこちらからNew XPS13_9370(2018/1/26発売)
お買い得情報!

HPの学割セール!
学生限定でキャンペーン価格から最大8000円お得!
詳細はこちらからHPの学割 icon
------------------------------------------
デル新生活応援セール
構成により最大20%OFF!
★詳細はこちらから広告掲載・売れ筋モデル

製品レビュー

★HP製品レビュー
HP Z2 Mini G3 Workstation製品レビューNew 

15.6型HP Pavilion Power 15 製品レビュー

VRヘッドセット

New■VRヘッドセット
Windows Mixed Reality対応

★レノボ★
■Lenovo Explorer with Motion Controllers

購入はこちらから

★HP★
■HP Windows MR Headset VR1000-123jp

購入はこちらから icon


★デル★
■ヘッドマウントディスプレイ Dell Visor with Controllers
Dell Visor with Controllers
購入はDELL 個人TOP

パソコンセキュリテー
シマンテックストア
無料ウイルス対策ソフト
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
★Twitterにて最新情報を随時つぶやいています。
TwitterアカウウトPC_fujiフォロー宜しくお願いします。